自社サイトを制作して売上を倍増する方法をご案内します。

インターネットとは?

インターネットとは?


インターネットとは、もともと米国の軍事システムを維持する上で、

1箇所が攻撃されても、全体の情報ネットワークが切断されないために開発されたシステムです。


情報を伝達するために、クモの巣のようなネットワークを構築し、

どこが壊されても全体としては機能するような値ぅとワークとその通信方法が開発されました。


その後、80年代にそのネットワークが解放され、クリントン政権下、

ゴア副大統領の「情報スーパーハイウェー構造」のもと、

80年代後半に民間に解放され、その後、インタ0ネットは、

米国社会に急激に普及していきます。


日本においては、大学などの研究者機関での導入が開始され、

1992年頃から、民間でもインターネット利用を進める環境が整えられるようになりました。


つまり、インターネットが始まったのは、約20年前のことになります。

インターネットとそれを活用する社会との進化で、

今日の姿になったということです。


数十年、数百年の歴史を持つテレビや新聞、雑誌などのメディアに比べ、

非常に歴史の浅いメディアです。


インターネットはその初期の頃から仕組み自体には大きな変化はありません。

それは、インターネットプロトコル(IP)というある種の約束事で

やり取りされるデータ通信のことです。


この通信で、どういう情報をやり取りするかで、

実現せれるサービスが様々開発されてきました。


その約束事を簡単にいうと、

「バケット通信=情報を細分化し、それぞれの固まりごとに贈る=
同時にいろいろなデータを送る」

「分散処理=それぞれのデータの固まりはどうゆうルートを通っても良い
=データ通信の効率が良くなる」

「エンドツウエンドの原則=末端でインターネットにつながってさえいれば、どの情報にもどこからでも通信可能=パソコン、ケータイの間で、メールが遅れるなどのサービスが多様化する」

といったものが挙げられます。


ホームページをどういうものかというと、

HTMLという記述の仕組みで構成されたコンテンツを、

インターネットに接続されたサーバーに収納し、

そのコンテンツをサーバーからインターネットに接続されたパソコンで、

ブラウザという表示するためのソフトを介して読み出すものです。


また、電子メールもインターネットに接続されたメールを貯めておく

サーバーに、メールソフトを使ってやり取りをしています。


最近では、スマホでのインターネットも仕組みとしては全く同じで、
パソコンの役割を小さな端末で、行っているだけです。


要するに、インターネットとは、

通信回線に接続されたパソコンやケータイなどの情報端末で、

サーバーにある情報を読み出し、メールなどのやり取りをしている

極めてシンプルなシステムだと言えます。


インターネットの世界において、

「どういう通信ネットワークで」

「どの情報端末で」

「どういう情報をやり取りするか」

これを理解すればそこでなのかが行われているかが

わかりやすいでしょう。


今ではすっかり定着したIP電話もその名のとおり、

インターネットにより通信が可能にしたサービスですが、

IP電話で音声のデータをインターネットを通じてやり取りする訳です。


音声データをパケット通信により効率よく送受信することで、

場所や端末を選ぶことなく無料で、もしくは非常に低料金で行うことができ、

従来の固定電話に変わりつつあります。

スカイプという主にパソコンを使ったIP通信は海外事務所とのコミニュケーションなどでコスト削減に貢献しています。


さらに、光ファイバーなどの高速通信では、動画の受信も可能になり、

テレビ放送や動画での情報発信に役立つために導入しているのが現状といえます。


このように、インターネットが普及した今日では、

IPはネット以外にも様々に利用を広げています。

このサービスは今後も様々な利用法を産むことが予想されます。


インターネットが日本に普及するには、まだそれ程たっていませんが、

ただ単にインターネットに接続するためのネットワークといっても実は様々な

種類があり、それらが乱立している状況下です。


「あれもこれもインターネットにつなげる」

という通信業者の努力ではありますが、インターネットは実際には

複雑怪奇な状態にあり、それが一般の人には、

「インターネットとは一体何だろう」

「どこに加入したらいいんだろう」

という混乱を招いています。


最も古くから活用されてきたのが、固定電話ネットワーク、

一般電話回線として使われるネットワークです。


インターネットの出始めには、今回線を使用して「ダイヤルアップ」という方式で接続していました。


通信料金も従量制で長時間利用すると大きな経済負担になっていましたが、

「フレッツISDN]というデジタル回線を使った常時接続が初めて登場し、

家庭や小規模事業者のインターネット利用が進みました。


ただ、この頃のISDNの通信速度は64キロバイト/秒が中心で大きな容量のウェブサイトを閲覧するには、時間がかかりストレスがありました。


ブロードバンドの接続は光ファイバーによるものが提供されはじめ、コスト面だけでなくも消費者向けになってきたと思われます。


家庭へ一気にインターネットが普及するのは、やはり、ヤフー・BBの登場からです。

それまでは、数倍以上の高速活低価格な常時接続がやっと実現でした。


ヤフー・BBが使用したブロードバンド通信は、ADSLという方式です。

これは、既存の電話回線を使用することころに特徴があります。

固定電話回線の空いている部分を上手に活用することで低価格のサービスが提供されました。

会社でひそかに楽しんでいた社会人も自宅にブロードバンド回線を引き、

学生や若い会社員にも手軽に届くようになり、一気に家庭にインターネットが入り込んだのはそれからでです。


ヤフー・BBに対抗するために、NTTもADSL方式の常時接続、

「フレッツADSL」を投入し、また光ファイバーによるインターネット接続

「フレッツ光」の料金も値下げしました。


光ファイバー方式は、現在最も安定した高速通信が可能ですが、

これがヤフー・BBへの対抗策の値下げ効果の有り、徐々に普及をし始めていきます。


通信事業者以外では、ケーブルテレビ事業者も根強い利用者層を持っています。

各家庭にテレビ放送を提供するための回線を引き込んでいるケーブルテレビ事業者は、

回線の空いている部分を活用してインターネット接続サービスも提供していますが、

着実に伸ばしています。


その理由として最も大きのは、

「テレビ放送」「ブローバンド接続」「IP電話」を一括で契約でき、

パック料金で提供されていることだと思います。


テレビ放送がアナログからデジタルに切り替わり、

また、薄型液晶テレビへと変わる現在の家庭環境を見ても、

テレビチューナーやブロードバンド接続装置などの設置や設定が一度で頼めることが、

ケーブルテレビ会社の根強い人気かもしれません。


また、テレビ放送のデジタル化の伴い、

難視聴対策としてのケーブルテレビ活用とセットにもなり、

地方都市へのブロードバンド普及についても期待されるところです。


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional