自社サイトを制作して売上を倍増する方法をご案内します。

インターネットに関わる事業者とは?

インターネットに関わる事業者とは?


インターネットの世界ではいろいろなビジネスが行われています。

とても簡単には言い表せないほどの業種の事業者がビジネスを行っています。

ここでは、個人事業者に関する部分を紹介していきます。


インターネットはよく高速道路に例えられますが、

まずこの高速道路を整備する会社が必要になります。


それがブロードバンドと呼ばれる事業者で、

大手の通信会社、NTTグループやKDDIなどが、

世界に出るためにインターネットの基幹網を構築する業務、

これをプロバイダー業務と言いますが、

大規模な専用線を大規模な敷設を行っています。


ただし、消費者や一般の会社がインターネット接続契約をするのは

そう言った大会社ではなく、その下の接続制約を行う会社が存在します。


このジャンルの会社は、基幹網を構築するブロードバンドが、

一次プロバイダーと呼ばれるのに対し、二次プロバイダーといいます。


いわば高速道路に出るためのインタージェンジを運営する会社と言えます。

二次プロバイダーには、NTTグループやOCNやニフティー、ビッグローブなどがあります。


つまり、自分の家や会社からインターネットに出るためには、

どの道路を使ってどのインターチェンジから入るのかを決めなければいけません。


「回線はNTTフレッツ、プロバイダーはソネットといった契約」をすることになります。


また、ヤフー・BBは、ADSLを中心に海鮮を提供するのと同時に、

プロバイダー業務も行うので、契約は一度に行えます。


つまり自前の道路と、インターチェンジを持っているというわけです。


そして、ブロードバンド経由で、インターネットに出た利用者に対して、

様々なコンテンツを提供する事業者がいます。


いわば道路沿いのサービスエリアのようなものです。

このサービスエリアで、以下に利用者にお金を落としてもらうかに

凌ぎを削っていることにあります。


ウェブサイトの利用では、ポータルサイトと呼ばれる

ヤフージャパンや楽天といった事業者が多く利用者を集めています。


これは例えるなら、

サービスエリアにある巨大なドライブインのようなものと言えるでしょう。


実際には、ヤフーにはグルメ情報、音楽、映画、といったエンターティナー情報や、

旅行や地図などの情報、ショッピングモール、フリーマーケットのような

オークションコンテンツもあります。


また、楽天などの仮想商店街には、専門店が集まった巨大な百貨店であるとも言えます。


ところでヤフーは日本で最も利用者が多いサイトとなっていますが、

プロバイダーつまりインターチェンジも兼ねているところから、

インタネットに入ってくる利用者を滞在させやすいとも言えます。


大手プロバイダーが軒並み、ポータルサイトを開設しているのもそう言う理由からです。


ますます、存在感が高まるスマホからのインターネット接続は同じことで、

実際にスマホから来ても、パソコンで利用する高速道路を走っていることになります。


インターチェンジに相当する部分もあり、スマホ事業者自身がそれを開設しています。

NTTドコモやAU、ソフトバンクなどは、スマホからインターネットに入っていくための

インターチェンジなのです。


では、スマホからサービスエリアに相当するものはというと、

専用サイト、ケータイ専用のサービスエリアがあります。


ケータイ電話の画面や処理能力はまだまだパソコンには追いついていないので、

同じサービスを利用するわけにはいきません。


また、ケータイサイトは、公式サイトと非公式サイトのような区別、

つまり、NTTドコモならドコモユーザーしか入れませ。

公式サイトはケータイ電話会社が直接運営しているので、

そこにふさわしくないテナントは入ってはいけないし、どこに何が入るかなど

キャリアが決めるわけではありません。


されにこのケータイ電話会社のサービスエリアでは、

そこで買い物をしたら、ケータイ電話の料金に上乗せする形が可能になります。


もちろん、ケータイ電話の専用のサービスエリアにも。.、

ヤフーや楽天などのドライブインもあり、

既に多くのテナントが入っています。


SNSのソーシャルメディアでのコンテンツや音楽の分野では、

ケータイサイトのビジネスは、パソコンのそれを凌ぐ勢いです。

同じ高速道路を走る人向けでも、スマホが増えてくることにより、

スマホで来る人が増えてくることにより注目度はむしろスマホの方が高くなったと思われます。


では、ネット広告とはどういうものなのか?


インターネット上にサイトを開いて商売を始めても

最初からお客様が来るわけではありません。


そのお店があることを誰も知らないから来店しようがありません。

利用者の知りたい情報を検索してくれる検索エンジンに

何か引っかかるのを待つだけです。


そこで、サイトに誘導するためにそこで広告ビジネスが生まれました。

利用者が多く集まるサイトに目に触れるようにバナー広告を設置し集客を増やすためです。


先ほどの例で言えば、サービスエリアに看板を立ててり、チラシを配ったりするような

事業者が活躍してきました。

当然、人の集まるところの看板は人気があり、広告料金も高いわけです。


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional