自社サイトを制作して売上を倍増する方法をご案内します。

オーダーフォームの作るコツ

オーダーフォームの作るコツ


セールスコピーは良くしのに、オーダーフォームが、

ひどい場合がよくみられます。


これは通信販売で言えば、カタログを送ったはいいが、

注文書を同封していなかったことと同じ事です。


ランディングページにオーダーフォームがなければ、

みすみす売上を放棄していることになります。


まず、大事なことは、見込み客が購入しようとしている

商品の特徴や魅力をもう一度、再確認させることです。


売上を上げるオーダーフォームのコツ


1 ヘッドラインを付ける

オーダーフォームには、ヘッドラインをつけましょう


例えば、

・ リスク無しのトライアル申込書

・ (商品名)受取申込書

・ 100%リスク無しのアクション申込書


2 安心と安全を保証する

・クレジットカード情報漏えいについて

心配しないように、セキュアのアイコンを付ける

・ 具体的には、申し込みフォームにSSL証明書を付ける

・個人情報保護法に関する方針として

プライバシーポリシーやその実施体制を明確にしておく

・ 特に忘れてなられないことは、「特定商取引法による表示」です


3 保証や特徴について書き方を工夫する

見込み客が購入を決定する要素の中でも、

特に重要なものです。


4 解りやすい操作にする

スッキリしたレイアウトにすること

解りやすいのが一番です。

特に見込み客として、入力する情報が少ないほど、

注文は簡単になるからです。

つまり、簡単なほど注文は増えやすくなります。


5 「お客様の声」を掲載する

オーダーフォームに実名入りで、
または、「写真」を掲載されていると、

迷っている人には、かなりの効果が期待出来ます。


6 チャックボックスを利用する

(こんなにオススメですとアピールする)

シッカリと認識してもらうことは、

チャックボックスを活用するといいでしょう

重要事項をこちらから指定し、

チェックを入れる方法です。


7 商品の写真や動画を掲載する

商品を見で確認すると、見込み客は、

更に購入意識欲が、アップします。


8 アップセル&クロスセルの仕掛けを作る

見込み客は、購入の段階に来るまでに、

充分、買う気満々になって、クレジットカードを

手にしています。


また、一旦購入した直前が、最も「買う気」が

高い時です。

この時に関連商品を勧められると、

多少高額な商品でも、以外にあっさりと

購入する傾向があります。


その時を逃さず、次の売り込みをかける仕掛けを

作って置くといいでしょう。


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional