自社サイトを制作して売上を倍増する方法をご案内します。

キーワードの表示回数でSEOを意識する

キーワードの表示回数でSEOを意識する


SEOと言うと難しく感じますが、

検索エンジンに上位表示させるためにはそこまで難しい事を考えなくても良いです。

専門のSEO業者として会社を立ち上げるのであれば別ですが、

実際のところそこまで必要はありません。


私は最低限のSEOの知識しかありませんが、

それでも莫大なアクセスを集め続けている事実を認識してください。


 タイトルと見出し


検索でヒットさせるためにコンテンツがしっかりしている事が前提となりますが、

タイトルも重要です。

タイトルに「検索させたいキーワード」を含ませることで、

検索エンジンにヒットするように仕向けるのです。


例えば、私の保有するネットビジネス系サイトの名前は

ネットビジネスサポートクラブ」ですが、

実際のトップページに記載しているタイトルとしては

ネットビジネスサポートクラブ/NSC 山形県の個人事業主はホームページを持とう!」としています。


これは、「ネットビジネス」や「個人事業主」というキーワードで

検索エンジンにヒットしてほしいために行っています。


このように、「どのようなキーワードで検索して欲しいか」

という判断基準でタイトルを考えていきます。


上記のサイトにつけたタイトルはどれもビッグワードばかりですが、

サブページは基本的に検索数の少ないロングテールを狙っています。


検索数が少なければ、その分だけ競合も少ないです。

競合が少ないために検索エンジンで上位表示されやすくなるため、

狙ったキーワードをタイトルにはめ込んでいってアクセスを増やしていくのです。


ちなみに、タイトルの次に重要になるものが見出しとなります。

「見出し1」を表す<h1>や「見出し2」を示す<h2>などがタグとして使われますが、

サイト運営を行う上では<h1>(見出し1)に入るキーワードだけを意識すれば良いです。


このように、検索エンジンに

上位表示させたいキーワードをタイトルと見出しに入れる必要があります。


 キーワードが出現する回数


同じページの中で、

出現するキーワードが多いほど検索エンジンで検索した時にヒットされやすくなります。


例として、私の持つビジネス系サイトのタイトルをもう一度記します。

 ・ネットビジネスサポートクラブ 事業主は自社のホームページを持とう!など


タイトルに「ネットビジネス」という言葉が何回も出ていることが分かります。

これは、「ネットビジネスというキーワードで何とかして上位表示してくれ」

という私の思いを込めてこのようなタイトルにしているのです。


別にタイトルだけでなく、

本文中にも意識してこれらのキーワードを盛り込んでいく必要があります。


あまりにもキーワードを繰り返しているとさすがに問題ですが、

自然な流れで記事中にキーワードを付け足していくのであれば問題ありません。


このように、「上位表示させたいキーワードは何回も繰り返して使っていく」

という事を意識してください。


ただし、これらキーワードの出現頻度が

何%だから上位表示されるという単純なものでも無いことは理解してください。

不自然にキーワードを表示させるとペナルティを食らいますし、

常識の範囲内でSEO対策を行ってください。


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional