自社サイトを制作して売上を倍増する方法をご案内します。

サイトの構成の特徴

サイトの構成の特徴


サイトの構成としては大きく2つのパターンに分けられます。


一つはトップページにコンテンツへのリンクを記載することで、

すぐにページへ飛ぶことができる場合です。

世の中にはこのような形式のサイトが多いです。


しかし、専門知識のサイトとして運営したい場合、

トップページにコンテンツへのリンクを張り付けるのではなくて、

トップページにカテゴリーごとのメニューを張り付けなければいけません。


つまり、一回クリックするとすぐにコンテンツへ移動できるのではなく、

二回クリックすることでコンテンツへと移動できる3層構造にするのです。


強力なサイトを運営しようと思うのであれば、その分だけページ数が必要になります。

サイト運営ではトップページはどうでもよく、

サブページとしてのコンテンツが重要になるため、

このサブページがどれだけ存在するかが重要になります。


たまに「○○をするだけで、たった7日間でアクセスを10倍にする方法」

などが出回っていますが、すべてウソです。

騙されないでください。(私は騙されました。)


結局のところ、

サイト運営に関して言えば時間をかけて有用な記事をたくさん作成した人が

最後に笑うようになります。(記事をたくさん書くことが一番です。)


この事実を無視して変な裏技やテクニックに走るのは止めてください。

(必ず検索外に飛ばされます)


なお、専門知識のサイトとしてサイトを運用する場合は

3層構造のサイトを考える必要があります。

それでは2層構造のサイトが必要ないかと言うと、そうでもありません。


3層構造のサイトか2層構造のサイトかについては、

これらをきちんと使い分ける必要があります。

 小さなサイトを運用(50ページ程度)


専門サイトを運営しようと考えている場合、

3層構造にしてサイト全体を見やすくする必要があります。

このような場合は、ネタがたくさんあって記事を無限に増やせる時に行います。


私が運営しているサイトとしては、

例えばネットビジネス系サイトを3層構造にしています。

これは、サイトもネタが無限にあってアイディアの数だけ記事が書けるからです。


しかし、中には50ページ程度の比較的小規模のサイトを作成する場合も出てきます。

狭い分野に絞ることで、

ネタの数に限界はあるがより特化したサイトを作る場合です。

専門サイトの運営(2層構造での運用)


サイト運営で稼ぎたい場合、

強力な専門知識のサイトを軸として

これら小規模のサイトへアクセスを飛ばすことで稼ぐことが可能になります。


つまり専門知識のサイトへ莫大なアクセスを集め、

そこから大きな収益を生み出すように仕組みを組んだサイトへと

アクセスを流していくのです。

専門知識のサイトからリスト取りを行っても良いです。


一度強力なサイトを持てば、何でも出来てしまいまいます。


このような小規模のサイトを作成する場合、

トップページから全てのコンテンツに移動できるようにします。


つまり、2層構造のサイトにするのです。


ページ数自体が少ないため、

すぐにコンテンツへ移動できるような構造の方がサイトを利用しやすいです。

そのため、50ページ程度でネタが尽きてしまう

小規模サイトでは3層構造のサイトは適しません。


このように、「将来どれくらい記事を書くためのネタがあるか」

によってサイトの構造を決定していきます。


私は2層構造のサイトと3層構造のサイトを使い分けていますが、

このような思考のもとでサイトの構造を使い分けてください。


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional