自社サイトを制作して売上を倍増する方法をご案内します。

サイト運営で必要となる「タグ」を理解する

サイト運営で必要となる「タグ」を理解する


サイト運営を行う場合、

「タグ」という言葉を必ず理解しなければいけません。

しかし、細かく理解しなくても大まかな概要さえ掴めれば良いです。


細かいタグの操作はサイト作成ソフトが変わりに行ってくれるので、

あなたはこれらを少しいじれるくらいの知識さえ身に付ければ問題ありません。


 ホームページの中身を知る

パソコン上では映像や画像などをデジタルコンテンツとして見ることができます。

しかし、その中身はどうなっているかと言うと文字の羅列です。

この文字の羅列をパソコンが読み取ることによって、

映像などとして画面上に映し出しているのです。


それではホームページはどうかと言うと、これも同じように中身は文字の羅列です。

そのため、サイト運営を行うためには

これら文字の羅列を大まかにでも良いので理解する必要があります。


つまり、このような文字を読み取って、パソコンが画像として表示させているのです。

これらの文字列を細かく理解する必要は無いので、

前述の通りまずは大まかに意味を理解することから始めます。


このようにホームページの内容を記載するために必要な文字列をタグと呼びます。

サイト運営を行う上で、このタグに関する簡単な知識さえあれば問題ありません。


ちなみに、実際にサイト作成ソフトを動かせばタグに関する知識が飛躍的に向上します。

いくらここで説明したとしても、

実際に動かしてみなければ一つも理解できないと思います。


そのため本気でサイト運営を行いたい場合は

初心者でも綺麗なサイトが作れるサイト作成ソフトを実際に動かしながら確認してください。


 タグの概念を理解する


タグを理解するといっても、専門家のように細かく理解する必要はありません。

私もある程度タグの知識はありますが、

サイト作成ソフトに頼らなければホームページを作ることができません。


しかし、それで良いのです。私たちはサイト作成の専門家ではありません。

アクセスを集めることで集客を行い、

そこで物販をしたり企業にコンサルティングを行ったりなどをする

ビジネスの専門家(金を稼ぐ専門家)になることが目的です。


ただそうは言っても、

最低限のタグの知識は必要なのでここでは簡単な概念を理解しておきます。


サイト作成ソフトを使う場合、

タグに関する知識としてまずは「挟み込めば良い」という事を認識してください。


例えば、文字を太文字に変換して強調したい場合、「強調」を意味する「strong」というタグで囲みます。具体的には次のようになります。


 <strong>太文字</strong> → 太文字


何もしなければそのまま「太文字」という文字になりますが、

strong>というタグで囲むことによってホームページ上では

「太文字」と強調されて表示されるようになります。


他にも、アンダーラインを引きたい場合は

Underlineを意味する「u」というタグで囲みます。

例えば、次のようになります。


 <u>アンダーライン</u> → アンダーライン


このように、文字の表示を変えたい場合はその部分を

「タグと呼ばれる文字列で囲めばよい」と認識できればひとまず大丈夫です。


この作業をサイト作成ソフトではボタン一つで行ってくれるため、

直感的に操作することができます。


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional