自社サイトを制作して売上を倍増する方法をご案内します。

サテライトサイトによるSEO

サテライトサイトによるSEO


私はSEO対策を推奨していませんが、

それでも少しのSEOであれば最初は必要になるかもしれません。

ただし、絶対に過度のSEOは行わないようにしてください。


少ない被リンク数で上位表示を目指すことだけを考え、

できるだけ有用な専門知識のサイトを運営することで

自然な被リンクをもらえるように努力してください。


小手先のテクニックに走るのではなく、

誰からも感謝される有用なコンテンツの配信だけを考えてください。

少しのSEOであれば問題ないかもしれませんが、

それでも「有用な記事」だけは絶対に外さないでください。


 サテライトサイトを分類わけする


本命のサイトに被リンクを送ることで

外的SEOを強化するサイトをサテライトサイトと呼びます。

いわゆる本命サイトにリンクを送るために

新しくブログなどを立ち上げる行為であるために自作自演とも呼ばれます。


サテライトは衛星という意味がありますが、

本命サイトの周りをうろつくサイトになります。


この時、SEOの基本として

「全てのサテライトサイトから本命サイトにリンクを送るのは適切ではない」

という事があります。


このようなリンクの送り方であると一つ一つの効果が弱くなります。

また、Googleは不自然なリンクであれば

それを無視するようにアルゴリズムを組んでいます。

そのため、全てのサテライトサイトのリンクを本命サイトに送るのは適切ではありません。


それではどうするかと言うと、サテライトサイトを1軍や2軍と分類わけします。

人によっては3軍まで作る人もいます。


つまり、1軍サテライトサイトの力を強めることによって、

本命サイトへの被リンクの力を強化するのです。

これが王道SEOとなります。


このとき、被リンクするページやアンカーテキスト、ドメイン名、

リンク付けスピードなどをできるだけ自然な形にするように意識して

SEO対策を行う必要があります。

これが正しいSEOとなります。


もしSEOの意味を勘違いしてバックリンクをかき集めたり、

サテライトサイトの量産をしたりするのであれば

残念な結果が待ち構えるようになります。

そのようなものに無駄な時間を使う暇があるなら、

少しでも有用な記事を書くことを考えた方が賢明です。


なお、サテライトサイトについても

Googleが認めるようなサイトに成長させることができれば最強です。

ただしそこまで時間がないと思いますので、お金のある方は外注で行ってください。


ちなみに、私はサテライトサイトの運営を推奨していません。

そして、私自身もこれまでにサテライトサイトの作成は一度も行った事がありません。

本来であればこれらのSEOは少しだけでよく、

自然に被リンクをもらえるようなサイトを構築すれば良いだけだからです。


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional