自社サイトを制作して売上を倍増する方法をご案内します。

ソーシャルマーケティング

ソーシャルマーケティング


ソーシャルメディアによる集客


ソーシャルメディアによる集客は、もはや当たり前になってきております。


以前はメルマガの購読者数を重視していた企業が今は

ソーシャルメディアのファンの数を増やすことに注力するといったケースが増えています。


ソーシャルメディアのファンの数は”企業が発信する情報がいつでも届けられる数”

ということになります。


また、メルマガとは違って拡散することで自社のファンだけじゃなくてファンの友達、

ファンの友達の友達・・・・といった人にも情報を届けることが可能なため

企業の情報発信のツールとして非常に有効です。


以下にそれぞれのソーシャルメディアの特徴を紹介しますが、

どれがいいということではなくて全て運用する事をお勧めします。


1 Facebookの特徴

実名登録のため反応率が高い

Facebookは実名登録が必須ですので、

twitterに比べて4倍ほどの高い反応率を得られます。


投稿した情報が長時間、ファンのタイムラインに残る

twitterは匿名ということもあり気軽に投稿できるため

1人で1日に何十tweetする場合が有り、

タイムラインに表示されてもあっという間に埋もれてしまいがちですが、

Facebookは多くても1日1人2~3投稿程度と抑え気味ですので

企業が投稿した情報も埋もれにくいです。


ファンに対してアンケートなどのコミュニケーションが容易にできる

Facebook側の機能が充実しておりファンに対して

アンケートを取ることでマーケティングデータの収集が可能になります。


実名登録のため炎上しにくい

実名登録ということもありユーザーはネガティブな投稿内容は避けます。

企業にとって悪い炎上はしにくいでしょう。


数人単位から広告によりファンを増やせる

Facebookはファンを増やそうと思えば広告により

数人単位から手軽にファンを増やせます。

広告はほぼリアルタイムで出稿や掲載の停止が可能なため

コントロールが効きやすく初心者でも簡単に運用できます。


2 twitterの特徴

いい意味でも悪い意味でも拡散力が強い

twitterは匿名で気軽に投稿できるため

ユーザーは周りの目をあまり気にせずにアクションを起こします。

その為、いい情報も悪い情報も一瞬で広まることになりますので、

投稿内容に関してはFacebookよりも気を使ったほうがいいかもしれません。

アパレル通販の社長さんがユーザーに対しての心無い一言が

一瞬で広まって企業の信頼が落ちてしまったという出来事は記憶に新しいですね。


Facebookに比べて、より気軽にコミュニケーションできる

上でも挙げたように注意は必要ですがフォロワーと

普通に会話する程度では心配ありません。

むしろ気軽にコミュニケーションとることで

身近に感じてもらえファンが増えるでしょう。


ユーザーサポートツールとして利用することも可能

ユーザーからの質問をtwitterで受け付けるというのもいい手段です。

twitterでサポートすることでより気軽で身近に感じてもらうことができます


3 Google+の特徴

検索において非常に有利

Google+には記事URLをGoogle+で投稿してからわずか数十秒で

インデックスされたという事例がアメリカであるくらいSEO効果に優れています。


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional