自社サイトを制作して売上を倍増する方法をご案内します。

ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)とは?

ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)とは?


広告やWebサイト上で、情報発信し、

何らかの返答(問い合わせや注文など)が来た消費者に対してのみ、

直接的に「商品(サービス)」を販売していく仕組みのことです。


ダイレクトレスポンスマーケティングは、

飛び込み営業といった完全にプッシュ型の営業手法と違って、

何らかの返答アクションを起こした消費者のみターゲットとするので、

非常に効率的で費用対効果が良いのが特徴です。


また、一般的なTVCMなどの広告は、

情報発信による認知獲得が主な目的となっていますが、

ダイレクトレスポンスマーケティングの特徴は、

情報発信とともに、返答アクションを促すような要素を含んでいます。


例えば、通販番組が良い例です。

通販番組というのは、商品を紹介したあと、

必ず「お問合せは今すぐ」・「0120-xxx-xxxx」とアナウンスしていますよね。

これが、「返答アクション」を促す仕組みで、

番組を見ている消費者に、「電話でのお問い合わせ」を促しています。


このように、単なる情報発信にとどまらず、消費者の行動を喚起させるといった要素も、

ダイレクトレスポンスマーケティングの重要なポイントになります。


さらに、インターネットを最大限活用して、

ダイレクトレスポンスマーケティングをおこなう事によって、

集客から販売までの営業ステップを、全て自動化させることができ、

24時間365日、費用対効果の良いセールスを掛け続けてくれます。


効率的で費用対効果の良い

「ダイレクトレスポンスマーケティング」の具体的な仕組み(流れ)について、

順に解説していきます。


以下、目次になります。

ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)の仕組みとは?

ダイレクトレスポンスマーケティングの仕組み「その1」:集客

ダイレクトレスポンスマーケティングの仕組み「その2」:教育

ダイレクトレスポンスマーケティングの仕組み「その3」:販売


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional