自社サイトを制作して売上を倍増する方法をご案内します。

ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)の仕組みとは?

ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)の仕組みとは?


ダイレクト・レスポンス・マーケティングという語源は、

もともとは、「ダイレクト・マーケティング」から来ています。


ダイレクト・マーケティングというのは、

「メーカーが直接、消費者に商品を提供する営業手法」の事を指します。


昔は、商品を売るのにも、卸や小売店を通さないと、商品を売ることができませんでした。


そこで、メーカー側が考えたのが、

顧客の「名前」や「住所」・「電話番号」を知ることで、

直接的に商品を販売できると考えたのです。


このような考えから、「ダイレクト・マーケティング」という概念が生まれました。


そして、これをさらに発展させ、

消費者側から「名前」や「住所」・「電話番号」を登録してもらえるよう促すことで、

さらに効率よく商品を販売する事ができる。


これが、「ダイレクト・レスポンス・マーケティング」というわけですね。


そして、この手法は、インターネットが主流となり、

検索エンジンやソーシャルメディアが発展したことで、

さらに注目されるようになり、

効果的に「ダイレクト・レスポンス・マーケティング」をおこなう

「一つの公式」が生まれたのです。

それが、下記になります。


【集客(リスト取得)】 : Webサイトや広告を用いて、

メールアドレス(リスト)を登録してもらうページに案内し、

訪れた訪問者にとって役に立つ「無料プレゼント」を提供し、

その対価として「名前」や「アドレス」を登録してもらう


【教育】 : メルマガにて、アドレスを登録してくれた消費者に対して、

購買意欲を高めるための教育をおこなっていく


【販売】 : 教育ステップを経て、購買意欲が高まった見込み客に、商品を販売する

これが、ダイレクト・レスポンス・マーケティングの最も効率的なステップになります。


ここで重要なのが、ちゃんと消費者の購買行動プロセスに合わせて、

最終的なクロージング(商品の販売)まで持っていくと言うことです。


例えば、

メールアドレスを登録したということは、

「無料プレゼント」がほしいという事で、

少なからず「最終的に売りたい商品、

又はそれに関連する情報」に関して、興味・関心があるということです。


ただ、少し興味・関心を持った段階で、

いきなり「商品」を提案されても、購入には至りません。


そこには、購買意欲を高めるための教育課程がないからです。


なので、消費者の購買心理プロセスに合ったアプローチをするのが重要なのです。

では、具体的な各プロセスの内容やポイントについて、順に解説していきましょう。


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional