自社サイトを制作して売上を倍増する方法をご案内します。

ネットショッピングの今?

ネットショッピングの今?


ネット上のショップングモール事業は、楽天が切り開いてきました。

楽天の総出店数早く2万以上の店舗数です。

また、楽天の会員数は毎年増加しています、1ヶ月あたりで見ると、

「楽天市場」「楽天ブック」の合計では、600万件以上の注文、

500億円以上の商品が流通しています。


また、日本最大のポータルサイト ヤフーも

「ヤフー・ショピング」という仮想商店街に力を出しいて、

1万店舗以上を獲得していて、事実上この楽天とヤフーの2社が、

ネット通販の2大勢力であると言えます。


新規にネット通販を始めようとする事業者は、

この2社とどのように付き合うかを意識せざる負えません。


楽天市場やヤフー・ショッピングに出店するには、

月額の利用料金が数万円とシステム利用料金として

売上の数パーセントのコストがかかります。


楽天とヤフーは、激しい競争を繰り広げていますが、

単に利用者・加盟店数をいかに増やすかという競争に加え、

どうやって加盟店の売り上げを増やすかというサービス競争に

進化しています。


これは、やはり今の社会に反映して、

利用者のウェブに対する行動が変わってきたことが大きいところです。


これまでは、なにかウェブで買い物をしたいいという利用者は、

まず、楽天のサイトに来て、その中に気に入った商品を探す行動をとりましたが、

今の利用者は、検索エンジンの進化により、

楽天を経由せずに、直接商品を探すようになりました。


また、ブログやフェースブックといったもニュにティサイトの中で、

知り合いや同じ趣味を持った人が紹介している記事や体験を参考し、

そこで購買意欲を掻き立てられてモノを買うようになってきました。


つまり、これまでのビジネスモデルである

「まずは楽天やヤフーに来てもらってから商品を探しもらう」

ようなポロモーションだけでなく、それぞれの自社サイトのお店に

誘導する仕組みを提案できなければならなくなっていることです。


具体的には、楽天やヤフーがともにブログのサービスを提案していますが、

消費者に商品を紹介してもらい、実際にそれを購入できるお店へのリンクを

すぐ貼れるような仕組みにすることにより、

ブログからお店への誘導を強化しています。


この仕組みは、アフィリエイトと呼ばれていますが、

ブログを書く人にもそこから商品が売れると

紹介手数料が入る仕組みになっています。


お店の商品が、検索サイト上の検索や検索連動型広告から、

直接売れるのであれば、何も加盟料を払って、

テナントにならなくてもいいということになりかねません。


そこで、現在の仮想商店街は単なる商店街のテナントに対する場所貸しではなく、

加盟店の商売をトータル的にサポートするサービスを

提供していかなければならない時代になったと言えます。


お店が楽天やヤフー・ショピングに加盟することによるメリットで大きいのが、

クレジット決済に対応ができるということです。


「ネット上の買い物にクレジットカードを利用するのは危険」

という消費者の反応は過去のものとなり、

今はカードのポイントが貯まるのを期待して代引きよりも

カード支払を選択する消費者が増えています。


小規模事業者にとって、クレジット決済の仕組みを利用ができるというのは、

お客様サービス向上、販売機会の増加という点で大きなメリットです。


また、クレジットカードを持っていない層に、利用意識が高いコンビニ決済にも

対応することができること、通販に不可欠な宅配送料の優待や、

通販につきもの詐欺や配送事故等にも対応するケアにも目が向けられています。


これからは、単なる加盟店の売り上げを伸ばすという本来のメリット提供に加え、

小売店のリアルな商売の裏方をもサポートするビジネスモデルでの

メリットがどの仮想商店街に加盟するかの決め手になってくると思われます。


楽天やヤフー・ショッピングに加盟すれば、自社サイトを立ち上げもできますが、

トータルでどう商売をしてくれるかを検討材料に加えたいものです。


本の通販では最大のアマゾンはもはや、

「最も大きなネットの本屋さん」ではありません。

家電からキッチン用品、CD、DVDからおもちゃ、ヘルス&ビュティ、ベビー用品

アパレルまで着々と取り扱いジャンルを増やし、

今では最強の通販事業者であるとも言えるでしょう。


アマゾンのネットビジネスは、ネット業界では代表とも言える

ビジネスモデルで拡大しています。

ビジネスを拡大するには、上手く消費者=買い手を活用しています。

どういうことかと言うと、アマゾンのサイトではその商品を買った人のレビュー、

つまり、感想が書き込まれています。


その本のどこが面白かったか、どこの惹かれてその商品を買ったのか、が

消費者の目線で書かれていて、その商品を買うか買わないかの参考になります。


また、ある商品を買ったり、情報をチェック下人が、

ほかにどんな商品に興味を持っているのかが分かる仕組みになっていて、

「ついでに買う」行動へと誘導する仕組みになっています。


自分に近い人の購買行動を上手に利用すているわけです。


また、アマゾンでは商品を買うにはまず、

自分のメールアドレスを登録する必要があります。

そのメールアドレスに、定期的におすすめの商品を紹介するメールが配信されます。

例えば、ある本を購入すると、同じ作家の新刊が発売された時や、

白書を購入すると、その同じ白書の新年度版が出るタイミングで

買い漏らしがないように気配ってくれます。


個人のブログである商品を取り上げる記事の中で、

そのアマゾンで買えるようにするアフィリエイトの仕組みを

広めたのもあアマゾンの功績です。


アマゾンでいろいろ商品を物色していると、

サイトを訪れるたびに、各ページがどんどんライブで

変わっていくのに気づかれることと思います。

これは、アマゾンである何を買い、どういう商品をチェックしているかを、

「クッキー」という仕組みで把握して、アマゾン側で自動的に

どういう商品をかいそうかという予測をした上で、

これまた自動で、情報を送り込んでいます。


アマゾンのシステムは、まさにいろいろな人の購買情報を知り尽くすた

最強のセールスマンであると言えるでしょう。


また、パソコンメーカーのアップル社もアマゾンやグーグルと同様に、

成功者と言えますが、社会現象にまでなった「ipod]で聴ける音楽を販売するために、

誰でも無料で使える音局管理ソフトを配信し、他の人の購入履歴や楽曲だけでなく、

ラジオ番組やテレビドラマ、映画までもオンラインで流通させるなど、

ウェブのチカラでメーカーから総合エンターティナー企業へ進化し、

今では、「iphone」を欧米で販売するところまでビジネスを拡大しています。


アマゾンなどの成功を見ても、利用者の履歴やレビュー、

ブログやSNSを活用して消費者自身に商品を紹介してもらうという方法は、

楽天や各ポータルサイトでのショッピングに導入されています。


小規模事業者が、それを活用するには、コストの面で難しいと思われますが、

消費者が集まるネット社会の動向には、気を配る必要があるでしょう。


少なくともお店でネットと関わる担当者は商品などを綴ったブログを導入してみたり、

自社・自店がブログやSNSといったネット社会でどのような紹介をされているかは、

定期的にチェックすることはぜひ検討したいものです。


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional