自社サイトを制作して売上を倍増する方法をご案内します。

ネットビジネスで文章を書く上で必ず注意すべき点

ネットビジネスで文章を書く上で必ず注意すべき点


ブログやサイト、メルマガなどで文章を書く場合、

必ず意識しなければいけないものとして

「事実を書いた記事はつまらない」という事があります。


しかし、ネット上の文章を見るとほとんどの人がこのような内容です。

たとえ同じ内容であっても自分独自のフィルターを通すことで、

あなたの意見や解釈を織り交ぜなければいけません。

普通の文章は無意味なのです。


セミナーに行ったときの感想文を情報として書くにしても、

ほとんどの人は「こんなセミナーがあって参加中です」

のような意味の無い文章を書きます。

これは、ソーシャルメディア上にある友達の文章を見ても分かると思います。


そうではなく、そのセミナーに行ったことで

「何を学んだのか」、

「どんな新しい気づきがあったのか」、

「今後、どのように活かせそうか」

などを自分自身の言葉で発しなければいけません。


事実だけを書いたブログは流行りません。

これは、サイトやメルマガも同じです。

しかし、ほとんどの人が事実だけを書いています。

だからアクセスが集まりません。


 自分のフィルターを通さなければ読まれない


アクセスを集めるための文章を書くときには

あなた自身の意見や解釈が必ず必要になります。


ただし、世の中には例外もあります。

つまり、事実だけを書いた中身のない記事が最強のコンテンツになる人もいるのです。

これをできるのが有名人であり、強者の戦略となります。


ただし、私を含めて有名人ではない人が取らなければいけない弱者の戦略では、

情報や知識に対して

「自分のフィルターを通して記事を書く」という選択肢を採らなければいけません。

そうしないと赤の他人に自分が書いた文書は読まれません。


ソーシャルメディアなどでは

「このレストランに行って、こんな食事をした」という投稿が多いですが、

これはそもそも意味がありません。

ただし、そのレストランの歴史や出てきた料理の周辺知識を付け足すのであれば、

意味のある文章になります。


つまり、自分が他の人の記事に対して「いいね!」を押すのではなく、

「いいね!」を押される立場にならなければいけません。


 テーマの決め方


これを理解した上で、文章を書くための大まかなテーマを決めなければいけません。


例えば、私が運営しているネットビジネスサイトでは

「インターネットとリアルビジネスに関わる戦略的内容」、

このサイトであれば「ネットビジネスの知識を活かし、

リアルと融合することで稼ぐ方法」などがテーマになります。


この時、選ぶテーマとしては「競合が少ない」という分野を選ばなければいけません。


つまり、競合は少ないが需要は大きいという、

一見すると矛盾したテーマを見つけなければいけません。

これを軸にして文章を書いていきます。


このように、アイディアによっては

たとえ「ネットビジネス」という分野でも私と競合せず、

むしろ協力しながらビジネスを行うことができます。

要は、考え方次第というわけです。


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional