自社サイトを制作して売上を倍増する方法をご案内します。

ネットビジネスで顔と名前は出すべきか

ネットビジネスで顔と名前は出すべきか


ネットビジネスを行う人には二つのタイプがあります。

一つは顔と名前を出してブランディング化していく方法です。


そしてもう一つは、顔や名前を一切出さずに稼いでいる人です。

いわゆるペンネームなどで活動している人です。


 顔や名前を出さなくても稼げる

確かに、表面上では顔や名前を出している人が稼いでいるように思えます。

それでは、顔を出していない人はどうかと言うと、

顔を出さずにもの凄く稼いでいる人は普通にいます。


例えば、私はどうしていたかと言うと、学生の時はペンネームでサイト運営をしていました。

しかし、それでも大量のアクセスが集まり、同時に稼いでいました。


これを考えると、文章さえ書ければ「顔や名前を出しているかどうか」

はそこまで重要ではないことが分かります。


ただし、名前と顔を出せば「楽ができる」という事があります。

そのために、私も名前と顔を出すようにしました。


人は見えないものに対しては不安を覚え、時には何も感じない生き物です。

しかし、そこに名前と顔を出せばそれをブランディング化に繋げることができます。

つまり、このサイトやメルマガの情報は「まさに私から発信されている」

と読者に受け取ってもらえることができるのです。


もし顔と名前を出さなければ、

「自分をブランディング化する」という手法を行うことが難しいです。

そのため、その分だけ緻密に計算してビジネスを行う必要があります。


また、裏で稼いでいる人の中には次のようなことを行っている人もいます。


 人と人とをつなぐマッチングビジネス


リアルビジネスであっても、人と人を繋ぎ合わせるビジネスはたくさんあります。

例えば、就活支援会社がこれに当たります。


「就職活動をしたい学生」と「新卒採用を行いたい企業」をマッチングさせるのです。

就活支援会社はこれによって発生したフィーを収益源としています。


同じように転職サイトもこれに該当します。

「転職したい社会人」と「優秀な能力を持った人を採用したい企業」とを仲介するのです。


これと同じように、ネットビジネスの世界でも「人と人を繋げることで、

その成功マージンの10%を貰う」などのビジネスを行っている人もいます。


人数は少ないかもしれませんが、

「このような活動を行うことで莫大な利益を得ている人がいる」

という事を知っているだけでも大きな違いになります。


なお、それでもこれら稼いでいる人に共通する事としてはやはり

「文章を書く能力(ライティング能力)に長けている」という事があります。


そのため、いずれにしても興味をわかせるような文章を書けるようになる必要があります。

そこで文章を書くための注意点を守り、自分の媒体をもった上で情報発信を始めてください。


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional