自社サイトを制作して売上を倍増する方法をご案内します。

ネットビジネスとケータイをどう絡ませるか?

ネットビジネスとケータイをどう絡ませるか?


ネットがケータイの世界に定着すること、

つまりケータイサイトが増殖して、ブログやSNSなどの利用も、

ケータイに広がり、検索市場が形成される、それによって消費に与える

影響がますます増大していくことが予想されます。


ケータイはパソコンにない特徴を備えています。

最も大きな違いが、いつも身につけて持ち歩いていて、

いつでもどこでも利用ができるということです。

思いついたときに、暇なときに、

ついつい何かをしたくなるということは理解できます。

ただ、それだけではない可能性がケータイにはあります。


まず、着実に普及している「おサイフケータイ」です。

この「おサイフケータイ」機能で、ICチップを搭載することで、

買い物の決済、クレジットカード機能を始めとして、

飛行機やコンサートのチケット代わりになったり、

切符に代わりに成駅に入場できますが、

見逃せないのが、ポイントの付くことです。


「おサイフケータイ」は、端末を変えた時に移すのが頻繁だったり、

紛失時の不安感から利用に憤慨する人もいましたが、

溜まっていてもつい忘れがちなポイントをケータイに集約できることから

若者たちを中心に定着しました。


もうひとつのケータイビジネスを可能にするのが、

位置情報です。


ケータイにGPS機能を搭載するように指導しています。

総務相の通達でも、早い段階で全てのケータイには、

GPS機能が搭載することになるでしょう。


つまり、

利用者が自分がどこにいるかを高い精度でわかることはもちろん、

お店側も近くにいるケータイの利用者がわかる、

情報発信ができるということになります。


「おサイフケータイ」「GPS機能」、

この2つが、標準装備することになると、

どんな事が起こるか、この機能が付くことにより、

おサイフケータイとGPS機能を使うことにより、

ひとりひとりのすべての購買行動がわかりやすくなります。


つまり、

いつ、どこにいてどこで何を買ったのか、

そのことが、携帯電話会社は、

すべてわかる時代になってしまう時代が

すぐそこまで来ています。


実際には、個人情報保護法の問題、

事業者間を超えて購買情報を共有出来るかという問題があるために、

実現性は低いと言われています。


しかし、時間と位置を加えた購買行動を把握できれば、

アマゾンがやっているおすすめ機能をされに強化した、

「いまそこにいる貴方の行動」を

強力にサポートする情報提供が行えるのです。


携帯電話会社の未来のサービスは、一層情報提供サービスに、

連動した広告・販促をすることとなるでしょう。


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional