自社サイトを制作して売上を倍増する方法をご案内します。

ネットビジネスを推奨する理由

ネットビジネスを推奨する理由


ネットビジネスがどうして今の時代に必要なのか、

そしてどれほどネットビジネスが今後の個人自営業に向いているかを紹介します。


その前に、このネットビジネスに向いている方は、

1 組織に縛られたくない人

2 好きな仕事が手を思う存分やりたい人

3 学ぶことに意欲がある人


では、ネットビジネスの最大のメリットを紹介します。


ネットビジネスの最大のメリットとは?

  • 6つのメリット

① 24時間365日、稼働が仕事

② 売れる商品の供給がいつでも可能

③ 商圏がどこでも可能

④ 在庫を持たない

⑤ ネットワークの利用

⑥ 粗利率が高額

この6つのメリットがあります。


では、一つずつ説明をしていきます。


① 24時間365日、稼働が可能

これは自動販売機やネットショップなどで解るように、

いつの販売ができることです。

今の社会は様々な生活パターンとなり、いつ起きていつ寝ているのかは、

その人のその人によって違っている社会にかわりました。

コンビニの急成長をそれを変えたような気がします。

社会の生活パターンがかあれば、商売の仕方も変わるのは当然です。

顧客のニーズに合わせ営業時間を拡大するにしても限りがあります。

しかし、ネットビジネスは、そんなビジネスには最適なビジネスです。

24時間365日いつでも対応ができます。

これから益々、利用する人は多くなることでしょう。


② 売れる商品の供給がいつでも可能

売れる商品がなくなってしまった経験の方は多いのではないでしょうか。

商品を売っていると、売れ筋の商品と死に筋商品に分かれます。

人気のある商品ほど在庫がなくなり、再発注してもなかなか

お客様のニーズに応じることができないものです。

ましてや、欠陥商品を売ってしまったら、それこの大変なことになってしまいます。

そこで、どんなに売れようとも、欠陥のない欠品のない商品を

用意することが重要になります。

例えば、ネットゲームです、この表品にはその要素があります。

いくら多くの人がいても、商品を用意でき欠品もありません。

また、ミュージックなどもその一つです。

いつら多くの人がダウンロードしても、在庫がなくなるということはなく、

欠品もありません。

1万人でも、10万人でも供給は可能です。

つまり、電子コンテンツを持つことが供給に限りがなく、

欠品のない商品になります。


③ 商圏がどこでも可能

ネットビジネスは、商売の領域には限りがありません。

今までの、考えが一掃してしまいます。

今までは、近くの街や隣の市や県でしたが、

全国からの注文が来るようににあります。

人口が少ない街や村といった概念にとらわれることがなく、

商売は全国展開になるので、

ご当地のベスト商品を全国に情報発信でき、

注文を全国から受けることとなります。


④ 在庫を持たずに済む

電子コンテンツを商品としたなら、在庫という概念がありません。

いつでも好きなだけ注文を受け、発注ができます。

そうです、電子コンテンツはコピーが可能ですので。

しかし、電子コンテンツでない場合には、

必ず在庫が必要になってきます。

それが、一番のネックになってくるのです。

在庫を持たなくするには、おおきに分けると3つあります。

1 オーダーを受けてからの受注生産をする。

2 注文をまとめて発注する受発注生産

3 商品がなくなったら、発注する消化仕入れ方法


この在庫の管理方法をどうしても取らなければならないのであるなら、

CD・DVD販売がおすすめです。

これなら、原価のCD・DVDを持っていれば、すぐにコピーができ、

粗利率が高額で、在庫もすぐに補充ができます。


⑤ ネットワークの利用

個人事業では、数人数で活動するので、限定された人的労働です、

しかしネットビジネスでは、メール配信システムやブログやSNSを使って

24時間365日、日本全国を相手にできるツールがあります。

それを使えば、少人数でも、週住人や数百人の力を持っているような

活動ができるようになります。


⑥ 粗利率が高額

粗利は売りえげから原価を引いた利益のことです。

例えば、メーカーや卸業者から仕入れた商品が6割で仕入れ、

粗利率は、4割から3割以下になります。

つまり、すごく売らないと儲からないことがわかります。


もし、粗利率が8割なら、どうでしょう。

つまり原価の5倍で売るような付加価値が必要となります。

この商品を売っているのが、情報業界となります。

情報コンテンツや、ソフトウェア業界、

コンサルティング業界などは粗利率8割になります。

つまり、実体のない付加価値を扱う事が

高粗利率を実現することになります。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional