自社サイトを制作して売上を倍増する方法をご案内します。

ネットビジネスを推進します

ネットビジネスを推進します


インターネットが登場して、ビジネスの社会にも普及したこの10年、

世の中は、「ウェブがあること」を前提として仕事や生活がもわるようになりました。


余りにも急激な変化であり、何も対応してこなかったお店や

新しく商売を始める方はどうしたらいいのか戸惑っていることと思います。


しかし、考えれ見れば、これからインターネットを活用しようとすれば、

全く一からスタートできるとも言えるわけです。


今あるウェブサイトをどうしようか。

中途半端にPRした自社サイトのドメイン、

付き合っているウェブ制作会社との関係は?

などというしがらみに関係なくまっさらな状況で、

ウェブ対応を考える非常に恵まれた状況であると言えるかもしれません。


自社サイトを立ち上げるのには、人でもコストも非常に大きなものでしたし、

何より立ち上げた自社サイトを運営していいくことが、

手間と時間が経つにつれて更新がなかなかされず情報が古いままで、

放置されているサイトは、今もたくさんあるのがわかります。


この実情が、ウェブの進化で「情報発信が楽になった」ということにつきます。

昔のようにウェブ制作の専門会社の依頼することもなく、

自分でワープロ感覚で情報が更新ができるようになり、

ケータイさへあれば、パソコン用サイトと

ケータイサイトの両方を駆使することができます。

非常なラッキーな時代なのかもしれません。

乗り遅れたどころか、余分なコストを掛けることなく

ウェブにスタートができる状況とも言えます。


このサイトでは、「ウェブに対応しないと、お客様を逃がすこととなる」

ということを説明しました。


ウェブ対応しないと、消費者のウェブ検索に引っ掛からないからです。

せっかくあなたのお店をウェブで探してもらえるチャンスを逃しているからです。

低コストでウェブ対応ができる状況になった今では、

もうウェブ対応しないと本当に乗り遅れることになります。


インターネットが始まっえ少しすると、

すべてのメディアはインターネットに吸収されるという声もありましたが,

今でもそのようなことはなく、テレビも雑誌もなくならず、

変わらずにぬしろ興隆している状況でもあります。

インタ¥ネットの情報を作り出す力は、

未だにテレビには及ばない状況化にあります。

また、優れた編集者の作り出す雑誌記事にも、

信頼性という意味では、かなわないのです。


以前は、個人事業主の宣伝やPRには欠かせないツールは、

電話帳であったり、チラシやパンフレットであったりと

ペーパーメディアが主流でした。

これらは、どこで買えるかという消費の欲望を充足する役割を担っていました、

そのペーパーメディアもやはり根強く生き残っています。


では、インターネットのどういう役割を担っているのか?

インターネットは要するに、

消費者がお金を出す最後の後押しをする役割を

担うようになったと言えるでしょう。


「この商品が欲しい」と思ったときに、

消費者はどういう行動を起こすのか?


まずは、「その商品はどこで買うことが出来るのか」

それに加えて、「いくらで買えるのか、どこがその商品が一番安いのか」

「評判のおいいお店はどこか」「買っても安心なのか」

「実際に買った人はどういう評価をしているか」

という情報を知りたいのが、消費者の本音です。


その最後のダメ押しが、購買意欲を上げることが簡単にできるのが、

唯一インターネットなのです。


日本人は、他人の意見を聞く、口コミを重視する民族です。

消費者がこれまでやってきた、「買う前に知り合いに聞いてみる」

という口コミ行動をとてつもなく広範囲に、それもいつでもどこでも

出来るのが、インターネットで歩い言い変えても過言ではないでしょう。


だから皆が、購買行動を起こす前に、必死に情報を検索するのです。

ウェブでモノを売る立場から見れば、「怖いメディア」でもあります。

一日で悪い情報ほど広がってしまうからです。

ウェブに対応していないと、評判を得られないばかりか、

「評判を落とす」ということにもなるからです。


これまでは、お店の情報はマスメディアにあったり、

ペーパーメディアという形で閲覧できただけでした。

それは、あなたのお店を紹介するため、

雑誌やフリーペーパーにどういう情報を出すのかを考え、

その都度、何をどれくらい露出するかを考えて悩んでいたことでしょう。


しかし今では、これに加えて、インターネット上で流通する情報を、

パソコンやケータイで見られるようになりました。


消費者(お客様)の立場になって考えてみましょう。


まずは、インターネット対応はまずあるべきです。

それにこれからは、インターネットに公開するための情報を、

基本的にして常にそれを最新化すること。


つまり、お店の最新情報のデータは、インターネットに載せるものが正しい、

それをパソコンやケータイで、検索してもらうだけでなく、

雑誌やチラシに載せるのもに自社サイトを転用すればよいと考えるのです。


紙からインターネットにではなく、

インターネット上の情報を基本にし、

それをペーパーメディアなどに転用させていく

そういう流れを作ってしまうことです。


お客様にも、「情報はウェブを見ておいて下さい」「地図もそこに載せています」

フリーペーパーにある情報も、「それを転用してください」

雑誌の取材には、「ウェブを見ておいてください」

これで対応ができます。

考えようによっては、

それらの対応だけで、経費削減になっていることになります。


お店の地図や写真、紹介コメント、キャンペーン、これら全ての情報を

インターネットの情報データベースに載せ、発信基地をウェブにしてしまえば、

すべて一括で管理できることとなります。

消費者もそれをまさに望んでいまし、ウェブに情報があるべきだと思います。


今では、スマホ、タブレットと使いこなす方も多くなり、

情報がすぐに発信し検索することが可能になりました。

ますます、パソコンやスマホなどの進化で、

今後の社会生活は変わっていくと思います。


少しでも早く簡単な、自分でできるところから、

インターネットの世界にご自身のお店や会社を載せ、

ネットビジネスで、事業展開していきましょう。


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional