自社サイトを制作して売上を倍増する方法をご案内します。

メルマガ(メールマガジン)3つのポイント

メルマガ(メールマガジン)3つのポイント


メルマガ(メールマガジン)登録会員を増やす3つのポイント


メルマガを運営していくうえで、開封率や精読率を上げていく事も重要ですが、

当然、登録会員を増やしていく事も大事になってきます。

そこで、メルマガ(メールマガジン)の登録会員を増やすためのポイントについて、順に解説していきます。


まずは、メルマガにユーザーが登録するまでの流れを整理したいと思います。

一般的に、リスト(アドレス)を獲得するのに、最適な導線は下記のようになります。

検索エンジンや、ソーシャルメディアから、自社のWebサイト(ブログ)へ集客する


Webサイトの各ページに、CTA(コール・トゥ・アクション)を設置し、

集客してきた訪問者に対して、ランディングページへの遷移を促す

※ランディングページとは・・・リスト獲得の為に、最適化されたページの事です

(詳しくは、後述します)


ランディングページに訪れたユーザーに対して、

無料オファー(プレゼント)を提供し、

その対価として、メールアドレスを登録してもらう


以上、3つのステップを経て、リストを獲得するのが、最も効率的な方法になります。

この流れを踏まえて、登録会員を増やすためのポイントは、主に以下の3つになります。


1 Webサイト(ブログ)への集客

2 リスト登録用に最適化された「ランディングページ」の用意

3 ターゲットとする訪問者が有益と感じる「無料オファー」の用意


1【Webサイト(ブログ)への集客】

まず重要となるのが、Webサイト(ブログ)への集客です。

Webサイト(ブログ)へのアクセスがまったくなければ、元も子もありません。


Webサイト(ブログ)へのアクセスで、流入元となるのは、

主に以下の2つになるかと思います。

・検索エンジン(GoogleやYahoo)

・ソーシャルメディア(TwitterやFacebook)


検索エンジンからのアクセスを増やすには、

「SEO対策」が必要で、ソーシャルメディアからのアクセスを増やすには、

「SMO対策」が必要です。


2 【リスト登録用に最適化された「ランディングページ」の用意】

Webサイトへのアクセスが集まっても、

訪問者が、メールアドレスを登録してくれなければ意味がありません。


そこで、メールアドレスを登録してもらうための最適化された「ランディングページ」を
用意しておく必要があります。


では、どのようなページにすればよいのか・・・

今回は、最適なページ構成と、ページ例について解説していきます。


ページの構成要素としては、以下の4つがポイントになります。

1、キャッチコピー : ターゲットとする訪問客が、興味・関心を惹き、自分にとって(無料オファーを)読む価値があると、一瞬で理解できる文面であること。


2:アイキャッチ画像 : 「無料オファー(プレゼント)」の表紙を作り、それをアイキャッチ画像にする。


3:ボディコピー : 無料オファーを手に入れることで、どのようなメリットがあるのか、どんな悩みを解決できるのか。これらを簡潔にまとめましょう。


4:登録フォーム : メールアドレスを入力してもらうフォームです。
フォーム数は、できるだけ少ないものにしましょう。

以上です。


3 【ターゲットとする訪問者が有益と感じる「無料オファー」の用意】


訪問者にたいして、急に「連絡先を教えてください」と伝えても、

まず教えてくれません。

そこで、重要となるのが「無料オファー」になります。

訪問者が、”自分の連絡先を教えてもいい”

と思えるような魅力的なオファーが必要です。


ポイントとしては、ターゲットとする見込み客が、

有益と感じるコンテンツであることが第一条件です。


「この内容次第で、今後のあなたのメルマガを読むかが決まります」

継続してメルマガが読まれないということは、当然「商品」が売れる事もありません。


なので、無料オファーの内容は、無料と言えど、

必ず「非常に役に立った」と感じてもらえるようなコンテンツにすることが重要です。

以上、登録会員を増やすための3つのポイントでした。


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional