自社サイトを制作して売上を倍増する方法をご案内します。

今までとはどう違ってくるのか?

今までとはどう違ってくるのか?


お店や会社をやっていると、

「ネット広告をやりませんか」

「検索連動型広告というものがあります。」

などというセールスが来ますが、

これは要するにインターネットという閉ざされた高速道路の中に、

「看板を立てませんか、目立たせませんか」ということをいっています。


そのインターネットの市場も大きく変わってきました。

これまでのネットの常識がすっかり変わってしまいかねない

大きな動きです。


この大きな動きとは、ウェブ2,0と呼ばれています。

つまり、これまでの商売の常識、今までのウェブ市場を揺るがしたのです。


グーグルという検索の革命者が、ウェブ検索の検索を変え、

アマゾンやアップルといったネット起業が通販やコンテンツ配信の

世界を変え、日本にもその奔流が押し寄せました。


グーグルという米国生まれの企業は、

今でこそ巨大な時価総額を持つネット業界の怪物に成長していますが、

そうしてここまで大きくなったのでしょうか?


グーグルの考えたことは実にシンプルで、

「ウェブを検索する人がどうすれば欲しい情報を簡単にたどり着けるか」

これに絞りました。


その頃のウェブ検索は、とても精度が低く、求める情報を得るの苦労をしました。

悪質なサイトが横行していて、検索の邪魔をしていたのです。


みんなの関心が高いその時のキーワードをたくさん隠しておけば、

たとえサイトの内容がキーワードに関係なくても、

上位に表示されることができる、

つまりウェブサイトの作り方で検索エンジンを騙すことができたのです。


これを解決したグーグルの技術はとてもシンプルで、

「他のサイトからたくさんのリンクを貼られているのは良いサイト」

という論理で検索の順位づけを行ったわけです。


つまり、ユーザーが検索キーワードを多く含むページを上位にするのではなく、

他のサイトからより多くのリンクをされている

=役立つとみんなが認めているサイトを上位にする工夫、

より多くの人が引用のリンクを貼る、

公的機関やお役立ちサイトを優先して

上位に表示する賢い仕組みに変えたのです。


グーグルの解決済みのサイトには、

あらかじめ順位が付けられており、より公共性が強く、またヤフーやマスコミなど

信頼の置けるサイトからのリンクにはポイントがつけられます。


グーグルによって検索の世界が劇的に改善され、グーグルの検索エンジンは

ほとんどの検索サービスが採用、事実上の標準になりました。


今ではウェブで検索することを「ググる」と言ったりもしますが、

それほどグーグル検索は優れていて人気があります。


「みんなが参考にしているサイトは良いサイト」

「皆の力でより便利」

という考え方はある意味、「皆の知恵を集める=集合知」を活用する

ウェブ2,0の概念として重要視されていて、

グーグルがウェブ2,0の旗手と言われる大きな背景になっています。


ウェブ検索からスタートしたグーグルは、現在では、

画像の検索、パソコンの中の情報検索から、地図・航空写真の検索

著作権をクリアーした本の検索など続々と検索対象を拡大し、

世界中のあらゆる情報を検索可能にすべく邁進しています。


グーグルの収益を例に挙げると、それは検索連動型広告です。

ウェブの利用者が自分の欲しいモノや情報を検索する行動が増えてくると、

米国のオーバーチェア社が始めた広告手法が注目さてました。


検索を利用した結果、

そのページにユーザーが入力・検索したキーワードに関連した

広告を表示するというビジネスです。


グーグルはこの広告のことをアドワーズと名づけ、業績を伸ばし急成長しました。

どうして検索連動型広告が急成長したかはお分かりですよね。

そう、ユーザーがそのキーワードに興味を持ったことが明らかな状態で広告を表示すれば、
注目率が上がり、自社サイトへの誘導率が上がる極めて効率のいい戦略です。

また、このやり方なら、ユーザーも自分が関心を持ったキーワードが、

表示されるのなら、いちいちリンク先のウェブサイトを確認する手間が省けるからです。

グーグルが世界に広めたこの検索連動型広告は、日本にもすぐに導入され

今では検索サービスを提供する多くのサイトで導入し、多くな広告収入を上げています。

また、グーグルはあるテーマに沿って書かれているウェブサイトのそのテーマに

沿った高校を自動的に送り込むようなビジネスモデルと技術を開発し、

一般消費者のブログにまで幅広くスペースを広げています。


この仕組みはアドセンスと呼ばれ、米国ではアドワーズに加え、

グーグルのもう一つの大きな収入元になっています。


グーグルの出現に端を発し、検索技術の向上やネットお嬢でモノを売り買いすることが、
一般的になってくると、小売の世界も大きく変わってきます。


ウェブで自分の欲しいマノがすぐに見つかるということが、

消費者が気づいた時に、その購買行動がウェブに押し寄せてきました。

そこで一躍注目を浴びたのが、「ロングテール」という考え方です。


今では自分の行動範囲にあるお店や新聞・雑誌・フリーペーパーといったメディアで

目に留まる範囲でしか物やサービスを見つけられなかったのに、

ウェブで探せば長いこと自分が欲しかったものや

自分と同じ趣味格好の人が紹介しているものなどが即見つけられるのです。

また、書店やCDショップと言われた在庫に限理がある店舗では、

探しにくい本や楽曲もオンラインで手軽に購入することが

できることに気がついたのでのです。


そうすると、モノを売る側も変化が現れます。

今までとは全く違ったものの売れ方が出現したからです。

「今まで全く動かなかったニッチな商品が、突然売れるようになった、

商圏外からのお客様が突然増えた、モノとたどるとウェブでその商品が紹介された」

といった現象が続出しました。

今まで日の目を見なかった商品やサービスも莫大な検索が行われている中、

発掘されたのです。

しかも、それまでの商圏という垣根がありません。


ロングテールとは、売上で見ると、

「商品点数は少ないが売れ筋商品であるものと同じくらい売上が、

売れ筋ではないが商品点数が非常に多いものになる」という原理です。

アマゾンがその例で、

「アマゾンが扱っている書籍で売れないものはない」

というのが典型的な例としてあげられます。

アマゾンやアップルは数百万種類の商品を扱っていますが、

たとえ1曲200円でも100万種類売れれば2億円の売上になります。

実際の店舗には、200万種類の商品を陳列することができませんし、

それを売り切るだけの来客はとても望めません。

しかし、ウェブという誰でもどこからでも何時でもアクセスしてくれることのできる

インターネットのみがなせるワザと言えます。


ただ、自分の店の商品が、全部ニッチな商品であって、

「これは、ロングテールだ、ウェブで誰か買ってくれるに違いない」

と思っても、商売繁盛にはなれませんからね。


ウェブ検索は、

「売れるに値する商品やサービスを、欲しいと思っても見つけられなかった人に売る仕組み」

ウェブの検索がもたらすものは、未来のお客様の発見ではありますが、

死に筋商品を一掃する魔法ではありません。


ウェブの進化は、ソーシャルメディアへと、

消費者が情報を作り出すメディアにと誕生してきました。

ブログ人口は2000万人とも呼ばれ、

多くの人がお店や買った商品の評価を見ることができます。


アマゾンのオンライン書店には、売ってある本全てに、

「評価」欄が付いていて、その本を買う前にその本を買った人の

感想や評価を見ることができます。

本ばかりか、扱う商品全てにレビュー欄があり、

参考にしてから購入する人が増えています。

カカクコムのサイトでは、さまざまな商品についての満足度評価やクチコミ情報が溢れています。

ブログで消費者がその商品について情報発信できる仕組みやレビューを投稿する仕組みも
ウェブの技術の進化によるもので、これから一層進化していくここでしょう。


  • それでは、今後どのようになっていくのか?


最も大きいのは、w部を利用する人が爆発的に増えたことと、

それにも増して検索技術やウェブブラウザ出来ることが進化し、

誰でもが自分の求めている情報に簡単にたどりるけるようになったこと、

この二つにより、ネット広告・オンラインショッピングの市場が急激に増え、

売り上げが上がったことです。

その中でも、ウェブの検索や検索連動型広告で成功を掴んだロングテールビジネスも挙げられます。


また、コミュニティメディアでの、消費者が簡単に自分で情報発信、

書き込みするようになったこと、消費者が自分たちのメディアを手にしたことが大きなことと思います。

消費者が物を買う市場も次のステップアップし、

ウェブを前提にビジネスが回りつつあることを意識しなければいけないでしょう。


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional