自社サイトを制作して売上を倍増する方法をご案内します。

動画ビジネスにも波及する

動画ビジネスにも波及する


ウェブの世界では、文章よりも写真、写真より動画

といったビジュアルなコンテンツを

用いた方がより情報伝達ができるのが誰にでもわかります。


少し前までは、

写真を小さいデータで送るかといったものもあり、

フラッシュという技術で動きのあるインタラクティブな

ウェブサイト構築が可能になりました。


以前までは、

「重いウェブサイト」は敬遠される傾向がありましたが、

光ファイバー接続の低価格化により、動画もストレスなく

やりとりする状況になりました。


それを象徴するのが、グーグル社の「youtube」です。

このユーチューブは、一般の人でも、動画を簡単にウェブに投稿し、

共有するというものでしたが、皮肉にもテレビ番組やドラマ・アニメの海賊版といった

違法コンテンツの温床として注目を浴びたのです。


特に敏感に反応したのが、テレビ局や著作権団体です。

違法コンテンツの流通で、正規のコンテンツ市場が

荒らされることという危機感の元で、

ユーチューブに対策を求める一方で、テレビ局自らが、

動画投稿サイトやテレビ番組2次流通にトライしています。


こうしたテレビなどで放送されているコンテンツ流通の今後には、

電通や博報堂といった大手広告代理店が関与しています。


つまり、ウェブ動画が流通し、テレビ番組そのものがウェブを通じて

流れていくという既存のテレビ視聴率=CMの注目率に影響を与え、

テレビ広告市場にも大きく影響するのではないでしょうか。


これからますます、この動画サイトが増えていく中で、

既存のテレビ会社と今からのウェブ動画会社動向は、注目するところでしょう。


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional