自社サイトを制作して売上を倍増する方法をご案内します。

商売が変わるのはどうして?

商売が変わるのはどうして?


インターネットで商売が変わる


現在の社会にインターネットがすっかり浸透したことは、誰にも分かる事実です。

この10数年ですっかりインターネットは生活の中に定着しなくてはならない情報メディアとなりました。

今や、国民のほとんどが、スマホを持ち歩き、インターネットと接続可能な状況になっています。


インターネットが社会を変えたことが今の社会では最大の進化ではないでしょうか。


その中でも一番大きいのは、欲しい情報がインターネットで簡単に「検索」できること。

そして、消費者は、モノを買う際には、

「検索」をして、そのものの価格や質がどうなのかを簡単に調べることができること。


つまり、自分の欲しい物のコストパフォーマンスをインターネットで調べてからお金を出すことです。


実際に店舗で買い物をするときにも、あらかじめカカクコムや各ショッピングサイトで、

今「それがどのお店がどれくらいで売っているか」

「その商品を利用している人の評価はどうか」

「そのお店の対応はどうか」など

情報はインターネットで、頻繁になされています。


あなたはこのようなことを自分のお客様の変化に気づいているでしょうか。

モノを売っているだけでは気づかないことが世の中で起こっています。


あなたのお店はこの先大丈夫でしょうか。

インターネットを上手に活用できるでしょうか。

今、インターネットの世界はさらに変化し続けています。

インターネットに自社サイトを持っていないことは、

「新しいお客様を獲得する力」

が弱くなり、営業力が弱いだけだったのが、

今や「自社サイトがないダメなお店」

というマイナスイメージさえ覚悟しなければいけなくなります。

自社サイトを持っていないと、じわじわとボディーブローのように

お店が弱ってくるのです。


「ウチのお店は常連さん出回っているから」

「うちの会社は取引先は固定されているから」

自社サイトを持っていないお店の声を聞くと、

「常連さんがたくさんの新規のお客さんを連れてきてくれるから」

「お店のことを分かっていない客はいらない」

「一見のお客増えるのは困る」

このような答えが返ってきます。


また、卸業者や商社など、

「取引先が決まっているし、コミニケーションが取れている自社サイトは必要ない」

という会社もまだまだ多いと思います。


ただ、常連さんやお得意様が未来永劫あなたのお店に来てくれるのか?

取引を継続してくれるのか?

その顧客つなぎ止める策は充分とっているのか?

お客様が一人も来ない日や電話が鳴らない日はありませんか?


まだまだあなたのおみせやかいしゃの売上を伸ばす秘策は

インターネットにはあります。


インターネットでの、ブログやフェースブックでの消費者は情報や評判を

情報交換しています。

あなたの全く知らないところで、「うわさ」が飛び交っています。

あなたはその「うわさ」を掴んでいますか?

これからの個人事業主を取り巻くインターネットの動きを将来の展望も含め

これから何を取り入れて、活用したらいいのか実践的なノウハウを紹介していきます。


● まずは、とにかくあなたのお店の情報をインターネットに載せつこと。

● 載せた情報をできるだけ多くの人の目に触れるようにすること。

これだけで、確実に集客は増えます。

「自社サイトの更新が面倒くさい」

「いちいちインターネットの情報をチェックする暇がない」

そういう反応もあると思います。

しかし、最初は載せておくだけでいいのです。

実際に「ヤフー・グルメに載せっぱなしで自分は何もしない。それでも確実に効果がある」というお店もたくさんあります。


コストは月々数千円から、飲食業であれば、団体客が1回来れば元は取れる額です。


ネット広告を導入しない理由はありません。


「自分はインターネットのことはわからないからネット広告はやらない」

という人がいます。


チラシや雑誌広告はやるけど、ネット広告となるとそもそも自分はパソコンも持っていないし、携帯電話は電話するだけだし、だから来るお客様は想像できない。


そういう人です。

あなたもそうではないでしょうか?


では、あなたは新聞のチラシを読んでいますか?

または、街角で配るフリーペーパーをお店に持っていったことはありますか?


それくらいのことはやったことはあるでしょう。

やったことのないものには手を出さない。

それはただの言い訳です。

その効果がわかっていないだけです。


それにあなたの周りをよくご覧ください。

周りにはあなたの知らないところで、インターネットを駆使している人がいます。


あなた自身が詳しくなくても、周りにはインターネットに詳しい人、

たとえば、主婦や学生、20代の社員、彼らはインターネットを活用して日々

友達との情報交換や衣食住の買い物をインターネットで行っています。

あなたの知らない世界がすぐそこにあります。


「あいつらは商売がわかっていない」

「俺には俺のやり方がある」

そう言って身近な人の意見を遠ざけていませんか。


インターネットの世界がわかること。

それは確かに重要です。

しかし、あなた自身が詳しくなる必要はありません。

あなたの周りにいる「インターネットに詳しい人」

そう、奥様やお子様、若手の社員が何をやっているかをよく聞いて、

うまく活用すればいいのです。


インターネットとは何か?

それを知るにはこのサイトをよく読んで頂ければよくわかります。

あとは、実践「「とりあえず、ネット広告をやってみる」

それが一番大切です。

費用も月々数千円、面倒な知識もいらないし、メンテナンスもほぼ不要。

それでもネットビジネスをしない理由がどこにあるでしょう。


まずは、インターネットとは何か?

を簡単に理解するところから始めていきましょう。


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional