自社サイトを制作して売上を倍増する方法をご案内します。

情報公開を行うほどビジネスで稼げる理由とは

情報公開を行うほどビジネスで稼げる理由とは


特に情報発信のビジネスでは顕著になりますが、

情報を公開するほど稼げるようになります。

頭では分かっていたとしても、多くの人は実際に行動できません。


それでは、なぜ情報を積極的に公開していくほど稼げるか解説してきます。


 情報発信するほど稼げる理由

ビジネスを行うとき、必ず2パターンの人間に分かれます。

それは、次のようになります。


 ・できるだけ自分の持っている情報を隠そうとする人

 ・できるだけ自分の持っている情報を公開しようとする人


この中で、もしあなたが前者であるなら、

残念ながらこれからビジネスで稼ぐのは難しいです。

そうは言っても、世の中のほとんどの人が前者であるため、

これから思考さえ変えていけば問題ありません。


ビジネスで稼げる人は後者の人です。私も同じように、

多くの情報をできるだけ公開するように心がけています。

そして、情報を発信する人のところに有益な情報が舞い込んでくるようになっています。

さらに、その分だけお客様にも選んで貰えるようになります。


これは、想像すれば簡単に理解できます。

できるだけ多くの情報を公開している人に対して、あなたも親近感がわくと思います。


例えば、あなたの胃が突然痛くなって医療機関を受診するとします。

しかし、あなたの家の周りには多くの内科があります。

多くの人は口コミを頼りますが、インターネットを使って調べる人もいると思います。


そこで調べてみると、

ある診療所は「胃腸科専門」とだけ書かれたサイトを持っていました。

東京大学を卒業したらしく、何やら凄い業績だけが並んでいます。


それに対して、もう1つの診療所は出身大学はそこまででもないけれども、

確かな情報が公開されています。

院長の経歴や専門の科目、どんな治療が可能で、治療ごとの大体の値段が載せられています。


さらに、その診療所のSNSを見ると、

何百人もの患者さんからお礼のメッセージが書き込まれており、

全て院長からの返信が返っていました。


これを踏まえた上で、あなたならどちらの診療所を選ぶでしょうか。

これだけの情報で判断するのであれば、普通の人は後者の医療機関を受診します。


人は少ない情報しか与えられていないと、そもそもその選択肢を選ぶことがありません。

情報が少なすぎると、「選ばない」という選択をします。

つまり、選択肢は「No」しかありません。


きちんと情報が与えられて、

そこでようやく「Yes」または「No」を判断するようになります。

ようやく、「No」という選択肢に「Yes」が追加されるのです。

このとき、商品が選ばれるかどうかは、

お客様が考えや置かれている環境によって変わります。

このように考えるのが、ビジネスの基本です。


そのため、本当に稼ぎたいのであれば

「できるだけ情報を公開するにはどうすれば良いか」を考えてください。

自分の持っている情報を隠そうとする「稼げない典型の人」と逆の行動をするのです。


稼げない人は自分のノウハウを売ろうとします。

つまり、「これは無料では見せれない」と考えて隠そうとします。

ここに大きな問題があります。


有料級の情報を公開するからこそ、

多くの人が感動して集まってくれるようになります。

しかし、隠しているようでは誰にも影響を与えることができません。


そこで、「本当にここまで公開しても大丈夫なのか」

という部分まで情報を発信します。

これが情報発信の基本となります。


 なぜ情報を公開しても問題ないか

私はビジネスに関して、そのほとんどを公開しています。

しかし、別にこのように公開しても全く問題ありません。

なぜなら、誰一人として私と同じような内容のサイトを作ることができないからです。


このような理由があるからこそ、私は情報を公開しても全く問題ありません。


ここで多くの人は、「情報を公開して真似されたらどうするのか」と思います。

ただ考えて欲しいのは、

もし情報を公開して簡単に真似できるようなビジネスであれば、

「そのビジネスモデル自体が終わっている」と認識しなければいけません。


細かいノウハウまでは盗むことができないからです。

稼ぐための「理論」が分かったとしても、

実際に何をすれば良いかという「行動」までは分からないのです。


本当に簡単に真似されてしまうビジネスであれば、

他の人が既に行っているので止めた方が良いです。

積極的に情報発信しても真似されにくいビジネスだからこそ、

時間という最強の参入障壁を作りながら稼ぐことができます。


別にサイトに限らず、

あらゆるビジネスにおいて「情報を積極的に発信していく」という事は基本となります。
この原理を理解すれば、

情報を隠しておくことがいかに愚かな行動であるかを認識できるようになります。


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional