自社サイトを制作して売上を倍増する方法をご案内します。

構成要素:「Action(行動)」

構成要素:「Action(行動)」


pasona(パソナ)の法則の構成要素:「Action(行動)」の記述例とポイント


前項で、商品の緊急性や限定感を演出したら、最後に「行動」を呼びかけます。


こちらは、下図のように「ご注文は、こちら」、「資料請求はこちら」

などと文言を設定したボタンを用意しましょう。


画像の説明


このボタンを押したら、商品注文ページへ飛ぶ。ということになるわけですね。


ポイントとしては、とにかく「目立つ」ように配置することです。


デザイン性よりも、「いかに目立つか?」を再優先としてください。

以上、「PASONAの各構成」の記述例とポイントでした。


成約率の高いセールスレター(ランディングページ)を見てみると、

「PASONA」に則っているだけではなく、

さらにそこから独自に応用を利かせているケースがほとんどです。


あくまで、「PASONA」は ”基本として考慮しておく” という事ですね。


私自身も、セールスレターを作成するさいは、

「PASONAの法則」は考慮はしますが、100%その通りにするのではなく、

そこからさらに「成約率」を上げるために最適化をしています。


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional