自社サイトを制作して売上を倍増する方法をご案内します。

無料からお金を生み出した本当の話 2

無料からお金を生み出した本当の話 2


次に紹介するストーリーも、また必ず参考っになる話です。

ウッド・ワードと時を同じくする頃、このマーケティング手法の

最も有名な例が、ウッド・ワードの町から数百キロ北にある

ボストンで実行されました。


40歳にジレットは、アイデアと情熱と裕福は、

家庭に恵まれていたにもかかわらず、

大した仕事ができないでいて、

それを市場競争のせいにしていたのです。


1,894年、ジレットは、コルク製の王冠栓のセールスだった。


社長はジレットに、「使い捨てのものを発明しなさい」と

アドバイスをした。


ある日、ジレットが、その刃はもう研げないほどすり減っていたことから、

ひらめいた。


この刃を薄い鉄板片にしたらいいのではないか?

それなら、切れ味が悪くなっても、刃を研ぎ直す手間などかけず、

捨てることが出来る。


数年間の実験の後、使い捨ての刃がついた

T字型の安全カミソリが完成した。


しかし、すぐには上手くいかなかった。


1年目の1,903年に、安全カミソリは、51本替

替刃は、168本しか売れなかった。


それから、20年以上、ジレットは、思いつく限り

マーケティング手法を試した。


パッケージに自分の顔を描き、彼自身を有名人に

したが、それは兵士が安全カミソリを使う習慣を見につけ、

戦争から帰ってきても、使ってくれればと望んだからだ。


また、新しく預金すると安全カミソリをプレゼントする銀行

のキャンペーン用に、大量のカミソリを売った。


ガムやコーヒー、紅茶、スパイス、などのパッケージまで、

カミソリをオマケにつけた。


こうした無料サンプルは、売上に貢献したが、

それ以上にジレットを助けたのは、

そのビジネスだった。


無料で配った安全カミソリは、やがて替刃の需要を作ったのだ。


ジェロの例に、当てはめると、

カミソリの柄が、レシピ本で、

替刃が、ゼラチンになるが、

カミソリの柄と刃の関係はもっと親密だ。


一度使い捨てカミソリを気に入ると、

長きに渡り毎日使ってくれる顧客になるからだ。


ところが面白いことに、

ジレット社が、カミソリを無料で配ったという話は、

ほとんどが、都市伝説なのだ。


記録に残る例は、1,970年台に、「トラックⅡ」を発表した時しか無く、

そのときも、刃を替えられない安全バージョンのものを配っていた。


一般的なやり方は、銀行などの大口顧客に

カミソリを卸す時に、大幅に値引きをすることだった。


そして、替刃の高い利益で、その損を取り返したのである。


数十億枚の替え刃を売ることで、

今やこのビジネスモデルは、すべての産業の手本となった。


携帯電話をタダであげて、月々の使用料を取る


TVゲームの端末を安く売って、ゲームソフトを売る。


オフィスで、タダでおしゃれなコーヒーメーカーを設置させて、

高いコーヒーのパックを売る。


20世紀がこうしたマーケティング上の試みで、

膜を開けたことで、無料はそれから100年を

定義する消費者革命を煽ることになったのです。


そして、21世紀はじめにいる私達は、

新しい形の無料を開発しつつあり、

それが今世紀を定義づけると思います。


新しい無料は、ポケットのお金を別のポケットに

変えるようなトリックではない。


モノやサービスのコストを殆どゼロになるまで、

下げるという、驚くべき新しい力によるもの。


20世紀の無料は強力なマーケティング手法になったが、

21世紀には、無料が、全く新しい経済モデルになることです。


この新しい形の無料は、モノの経済である原子経済ではなく、

情報通信の経済です。

ビット経済に基づきます。


デジタル時代のユニークな特徴は、

一度何かが、ソフトウェアになると、

それが必ず無料になることです。


つまり、コストが無料になるのは、当然として

時には、価格まで、無料になることです。


この経済は、歴史上はじめて、最初の価格が、

ゼロなのにもかかわらず、数上億ドルの規模を

持つものになりつつありのです。


これからの時代には、必ずと言って、

自分のホームページが必要になるでしょう。

そのホームページを利用して、

ネットビジネスを主流として行きましょう。

全世界を相手にしたビジネス展開を考えていこうではありませんか。


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional