自社サイトを制作して売上を倍増する方法をご案内します。

無料のルール

無料のルール


1 デジタルのものは、遅かれ早かれ、無料になる。

競争市場では、価格は限界費用まで落ちる

インターネットは市場最も強壮の激しい市場であり、

それをう誤解しているテクノロジーの限界費用は年々ゼロに

近づいている。

無料は選択の必然であり、ビットは無料になることを望んでいる。


2 原子経済も無料になりたがるが、力強い足取りではない。

デジタル世界の外では、限界費用がゼロまで落ちることはめったにない。

しかし、無料は人の心を惹きつける大きな魅力があるので、

マーケティング担当者は、自分たちのビジネスと見直し、

無料にするものと、有料にするものを決めることで、

常に無料を実現する方法を見つけるものだ。

それは、真の無料ではなく、何時かわその無料を払うことになるものだが、

多くの場合で、魅力的であることは変わりない。


3 無料は止まらない。

デジタルの世界では、法律や使用制限によって、無料を食い止めようとしても、

結局は、経済的万有引力に逆らうことは出来ない。

それはつまり、製品が無料になるのを、止めるための手段が、

不正コピー防止コードや恐ろしい警告しかならないとすれば、

必ずそれを打ち破る者が出てくるということだ。


4 無料からもお金儲けは出来る。

時間を節約するために、お金を払う人がいる。

自分の好きなことにお金を払う人がいる

ステイタスにお金を払う人がいる。

そういったものを皆さんが提供すれば、

人はお金を払ってくれるはずだ。

無料の周りには、いくらでも、お金を稼ぐ方法がある。

無料は新しい顧客を獲得するドアを開けてくれる。

無料だからといって、誰からもお金を取れるわけではない。


5 市場を再評価する。

かつて、エアライン社も同じく、航空機の座席を売るビジネスをしていた。

だがそこで、自分たちは旅行ビジネスをしようと決めた。

そこに差が生まれた。

単に座席を売るよりも、旅行ビジネスをしたほうが、

レンタカー会社や旅行客を呼び込みたい観光地からの

キックバックなど、お金を儲ける方法はたくさんある。

エアライン社は、座席を安く、特には無料で提供し、

その周辺でそれ以上のお金儲けをしているのだ。


6 ゼロにする

あるもののコストがゼロに向かっているならば、

無料は可能性でなく、何時そうなるかという時間の問題だ。

それならば、まっさきに無料にすれば良い。

それは、注目を集めるし、注目をお金に変える方法は常に存在する。

無料にすることで、何が出来るか、今から考えてみよう。


7 遅かれ早から無料と競い合うことになる。

皆さんがビジネスにおいて、課金しているものやサービスを、

内部総合補助やソフトウェアなどを活用してはかの誰かが、

提供する方法を見つけるだろう。

皆さんが提供するものと全く同じではないかもしれないが、

100%のディスカウントは、大きな意味を持つ。

皆さんの選択は2つしかない。

その商品を無料にして、他の商品を売るか、

価格の違いを埋め合わせられるだけの差別化を図るかだ。


8 無駄を受け入れよう

もしも、ある者が来にする必要もないはど安くなっているのならば、

もう気にするのはやめよう。

革新的企業の殆どは、固定料金から、無料まで、

価格トレンドがどこを目指しているのかを目極めて先回りしている。


9 無料は別のものの価値を高める。

潤沢差は新たな希少さを生み出す。

100年前におは娯楽は希少で、時間が潤沢だったが、

今はその逆だ。

あるものやサービスが無料になると、

価格はひとつ高次のレイヤーに移動する。

そこへ行こう。


10 希少なものではなく、潤沢なものを管理しよう

資源が希少な世界から、資源は効果になるので、慎重に使う必要がある。

そのためには、高くつく過ちを避けるために、すべてを管理できるような

従来型のトップダウンのマネジメントが適している。

一方、資源が安い世界では、同じ方法で管理する必要はない。

ビジネスの機能がデジタルになると、各ビジネスのリスクは小さくなるので、

母艦を沈む危険を考えずに独立して多くのビジネスが出来るようになる。

企業文化は、「失敗するな」から、「早めに失敗しろ」に変わるのだ。


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional