自社サイトを制作して売上を倍増する方法をご案内します。

無料を利用したビジネスモデル

無料を利用したビジネスモデル


直接的内部相互補助


・サービスは無料、製品は有料(アップルストア)

・製品は無料、サービスは有料(銀行口座を開くと景品がもらえる)

・ソフトウェアは無料、ハードウェアは有料(IBM)

・ハードウェアは無料、ソフトウェアは有料(Xbox360)

・携帯電話は無料、通話は有料(携帯電話会社)

・通話は無料、携帯電話は有料(携帯電話の夜間や週末プラン)

・ショーは無料、ドリンクは有料(ストリップクラブ)

・ドリンクは無料、ショーは有料(カジノ)

・商品が無料(小売店の特売品)

・ひとつ買うと、もうひとつは無料(スーパーマーケット)

・無料のオマケ(シリアル)

・25ドル以上の注文で送料無料(アマゾン)

・無料サンプル(スーパーマーケットの試供品)

・無料購読期間(雑誌の定期購読)

・駐車無料(ショッピングモール)

・無料の香辛料(レストラン)


ある顧客グループが別の顧客グループの費用を補う


・コンテンツは無料、視聴者のアクセスは有料
(広告収入で運営されるメディア)

・クレジットカードの発行は無料、商店から手数料をとる

・学術論文の閲覧は無料、著者が投稿するのは有料

・PDF文章の閲覧ソフトは無料、作成ソフトは有料(アドビ)

・女性は入場無料、男性は有料(バー)

・子供は入場無料、大人は有料(博物館)

・フロフィール作成は無料、詳しい検索は有料(マッチ・ドットコム)


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional