自社サイトを制作して売上を倍増する方法をご案内します。

稼ぐための仕組みづくりを行う

稼ぐための仕組みづくりを行う


サイトを作成するに当たって、

必ず実行しないといけない事として

「収益が発生するためのポイントを作る」というものがあります。


つまり、広告を張ります。

この広告をクリックしたり、

お客様が商品を買ったりすることによってあなたに収益を発生させるのです。


一番行ってはいけないのは、単なるボランティアとしての情報発信です。

私もこのように情報発信を行っていますが、

どこかのポイントできちんと私に収益が発生するようにしています。


 モチベーションの維持するために稼ぐ経験が必要


なぜ私がこれら情報発信を続けることができるかと言うと理由は簡単で、

それは「収益が発生するから」です。

これが単なる自己満足で完結する情報発信であれば、

私のモチベーションはここまで維持されていません。


つまり、稼ぐことがモチベーションになります。

頑張れば頑張るほど稼げるようなりますが、

逆に収益が発生しなければ情報発信があほらしくなって作業しなくなります。


そのため、ボランティアは最悪です。

絶対にしないようにしてください。


特に専門サイトなどでは情報発信をするほど多くの人から喜ばれるので、

継続して情報を提供し続ける必要があります。

そのためのモチベーションの維持に収益を発生させることが重要です。


 収益のポイントを考えよう


私のビジネス系サイト(ネットビジネスサポートクラブ)に

「Google Adsenseの方法」や「ASPを利用したサイトアフィリエイト」、

「リスト取りによるメルマガビジネス」などを載せているので、

これらの手法の中からあなたに合う方法を見つけて実践してください。


人によって合う合わないがあるため、どれをやった方が良いかは正解がありません。

敢えて言うのであれば、初心者はGoogle Adsenseから入るのが比較的簡単です。


やはり物を売ったり資料請求させたりするのは難しいため、

まずはGoogle Adsenseの広告を張ることでクリックさせて収益を発生させましょう。


最初は毎日100円の収益が発生することを目指し、月3000円を目指します。

ネットビジネスをしている人の約95%が月5000円に達していません。

これを考えると、

月3000円を達することがどれだけ素晴らしいことかを認識してください。


たまに半年で月収100万突破と言っている人もいますが、

そのような人は無視をするマインドが必要になります。

まずはアクセス数を上げることだけを考えてください。


アクセスを上げることが全てではありませんが、

そうは言ってもまずはアクセスがなければお話になりません。

商品を売るための成約率はアクセスが集まった後に考えれば良いです。


メルマガを発行するにしても、

ある程度のアクセスが集まって少しでも収益が発生してからでも遅くありません。

ブログやメルマガは更新し続けなければいけませんが、

サイトは放置でもアクセスが集まる資産になります。


ある程度のアクセスを集められるレベルになれば、

「どのような方向性で情報発信していけば良いか」が定まってくるはずです。

さらに、サイト上に記事をアップしているのでネタのストックにもなります。


徐々にステップアップしていけば良いのです。

Google Adsenseから始めて、ASPを調べて商品や情報商材を売っても良いです。

メルマガを発行して収益を加速させるのも良いでしょう。

レベルアップしていけば、企業へのコンサルも可能です。


いずれにしても、稼ぐことが必ず必要になります。

何度も言いますが、ボランティアだけは止めてください。

モチベーションが続きませんし、

稼ぐことを意識するほど質の高いコンテンツを配信し続けることができます。


どうやれば自分の媒体を成長させながら稼ぐことができるかだけを考え、

情報発信によって感謝されながら収益を発生させる仕組みづくりに取り組んでください。


ここで紹介したいホームページ制作ソフト


ホームページ制作ソフト

簡単ホームページ作成Quick Homepage Maker

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional