自社サイトを制作して売上を倍増する方法をご案内します。

自分の知識で勝負するビジネス

自分の知識で勝負するビジネス


それでは、私がゼロからビジネスを始めるとなると、

自分の知識(情報)を使ったビジネスを行います。


このネットビジネスは即金性がありません。

半伽以上、または年単位の時間と努力が必要です。

その代わり、誰も真似できない参入障壁を作ることができ、

一度システムを構築すればメンテナンスフリーで稼ぎ続けることができます。

収入が青天井になるというわけです。


これらのシステムをいくつも作っていくことにより、

感謝されながら世の中のサラリーマンの何倍ものお金を稼ぐことは十分に可能です。


実際にどのように行えば良いかについては、

私のネットビジネスサポートクラブサイトやメルマガに全て書いてあるので、

何度も読み返しながら熟読してください。


 リアルビジネスで収益を広げる

リアルビジネスを行っている人にアドバイスを求められた場合の話をします。

この際であれば、「リアルビジネスとネットビジネスを融合させてください」

とアドバイスします。


リアルビジネスをしている人がネットビジネスを始めようとするとき、

なぜか「ネットビジネスだけ」で収益を出そうとします。

リアルビジネスとネットビジネスを完全に切り離し、

新しくビジネスを立ち上げようとします。


そうではありません。

「ネットの得意なもの」と「リアルの得意なもの」を組み合わせることが正解です。


既にリアルビジネスである程度の収益を得ているのであれば、

リアルの世界で稼げばいいのです。

なぜなら、リアルでの場が最も商品を売りやすいからです。

これは、「世に存在するビジネスの99%がなぜリアルビジネスなのか?」

を考えればわかります。


ただ、リアルビジネスは「集客」が弱いです。

そこで、「集客」に強いネットを利用します。

ネットから集客し、

リアルで販売を行うというスムーズな流れをシステム化させるのです。


もちろん、リアルでの販売は従業員が行うようにさせます。

ネットでは、その大部分を自動化させることができます。

リアルでの自動化は「従業員を使う」ことを考えることでようやく実現できます。


これをシステム化すれば、

リアルビジネスとネットビジネスを融合させた不労所得発生システムが完成されます。

後は、システムをより強固にさせていったり、他のシステムを構築したりするだけです


このように、仕事に対する思考を変えれば、

「行うべきビジネス」「収益化の方向性」が全くもって異なってきます。


要は、その人の置かれている状況が分からなければ、

アドバイスを行うことはできないということです。


これを無視して、ネットビジネスでは

「アフィリエイトをしましょう!」「せどりをしましょう!」と言う人は多いです。

この理由は明確であり、それは「自分が稼ぎたい」

という残念な思考のもとで分母がないと成り立たない

ねずみ講に似たビジネスを多くの人が行っているためです。


この事実を認識し、もしビジネスを行いたい場合、

自分の得意な部分や良い点を引き出してくれる人から習ってください。

また、質問を行うときは自分の現状や行いたいこと、

考えていることなどを具体的に伝えてください。


これを行えれば、

ビジネスを教える講師側もアドバイスを格段に行いやすくなり、

的確な解答が返ってくるようになります。


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional