自社サイトを制作して売上を倍増する方法をご案内します。

自然なSEOで上位表示を目指す

自然なSEOで上位表示を目指す


SEO対策を行う人の中でブログを量産してリンクを付ける人もいますが、

今すぐやめた方が良いです。

なぜなら、明らかに不自然だからです。


たとえSEOを行うにしても、

できるだけ自然な被リンクをつけてSEOを行う必要があります。

そのため、自然な被リンクとは何かを理解しなければいけません。


 自然な被リンクを目指す


 ・ディープリンク


上位表示させるためには被リンクが必要不可欠ですが、

例えば被リンクのほとんどがトップページにリンク付けされていたらどうでしょうか。

それは完全に不自然と思われます。

サブページにも多くのリンク付けが行われるのが、本来であればこの状態が自然です。

このように、トップページより下の層にある個別ページにリンクが張られていることを

ディープリンクと呼びます。


Googleはあらゆる自然なSEOで上位表示されているサイトの構造を見ているため、

ディープリンクがなければ明らかに不自然です。

そのため、トップページに大量のリンクが張られていることはSEOとしてダメな行為です。


トップページ以外のサブページにもリンクがあることで、

より自然に近いSEOを実現させることができます。


 ・アンカーテキスト


リンクを張られるとき、

多くのサイト上で「このような青字の下線」で表されると思います。

この場合であると「このような青字の下線」と示された部分が

アンカーテキストとなります。


つまり、リンクを張るときにつけられた文字がアンカーテキストです。


不自然なSEOであると、このアンカーテキストが偏ります。

ひどい人であると、サイトのタイトルだけをアンカーテキストにしている人がいます。


これはトップページに張られているアンカーテキストだけを載せています。

サブページへのアンカーテキストもあるため、実際には膨大な量になります。

このように自然なSEOを装うためには、アンカーテキストにも注意しなければいけません。


 ・リンク元

世の中には様々な媒体を使って情報発信している人がいます。

ブログであっても、様々なサービスがあります。

サイト運営を行うにしても、多くのレンタルサーバーがあります。


これを理解した上で、特定のドメインからのみ被リンクがあるのは明らかに不自然です。

本来であれば、リンク元のドメインはいいようにばらけなければいけません。


これを考えると、

SEO対策として被リンクをつけるにしても様々なドメインからリンクがなければいけません。


 ・被リンクスピードを遅くする

自然SEOで上位表示されているサイトは被リンクのスピードが遅いです。

つまり、ある一定数のリンクが毎月付けられることになります。


それでは多くのサイトアフィリエイターはどうするかと言うと、

開設後の1~2ヶ月の間に大量のリンクを貼り付けます。

その後、次の月からは被リンクの数がゼロになります。

この状態も同じように不自然であることが分かります。


そのため本来はどうしなければいけないかと言うと、

被リンクのスピードを遅くします。

たったこれだけですが、SEOとしては劇的な効果がでます。


ちなみに、これらはよく考えてみれば分かることだと思います。


実際、多くのサイトアフィリエイターが行っているように、

見せ掛けだけのSEO対策を行っている人のほとんどが圏外に飛ばされています。

これを理解すると、本当のSEO対策が分かってくると思います。


記事がたくさんあるサイトであると、

自然に被リンクが付いていくので最強のSEOとなります。


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional