自社サイトを制作して売上を倍増する方法をご案内します。

自社サイトに呼び込むには?

自社サイトに呼び込むには?


では、「検索サイト」について詳しく紹介していきます。

検索というこのガ脚光を浴びるようなったきっかけを

まずは紹介していきましょう。


ウェブページにどんなキーワードが含まれているかだけを

検索結果に利用したのを、

グーグルが反則技を排除する考えを導入したのでした。

他のサイトからどれだけリンクされているか、

また、ウェブサイト内にどのような形でキーワードが配置されているのかなど、

総合的に考慮して検索結果を決めています。


どのような考え方で、検索結果を並べているかは、

グーグルやヤフー、その葉の検索サイトで全て考え方が違います。

つまり検索のキーワードで、検索をしてもその結果はそれぞれ違います。


例えば、「携帯電話」で検索すると、グーグルとヤフーでは、

検索結果が微妙に異なることがあります。

(今では同じ検索結果になることが多いです)

これは、検索に対する考え方の違うからです。


一般的にグーグルは公共性が高いウェブサイトや

ほかのサイトからのリンクの数の多いものは、

上位に表示する傾向があるのに対して、

ヤフーが企業や協会などを上位にする傾向があると言われています。

その他の検索サイトでは、検索の考え方をオープンにしていません。

検索に対する考え方の詳細は、闇の中ということになります。


もしも、検索サイトが検索順位の考え方をオープンにしてしまうと、

悪質な業者の意のままになってしまうからです。


自社サイトを立ち上げて次に行うことは、

どういうキーワードで検索した時に、自社サイトがヒットして

上位に表示されるかということを考えるべきです。

もしも、自社サイトが検索に表示されなければ、

そこからの新規のお客様が来るはずがないからです。


あなたは、SEOという言葉をご存知ですか?

近年、急速にその重要性が高まっています。

SEOとは、「サーチ・エンジン・オプティマイゼイション」の略です。

要するに、「検索エンジンに自社サイトを最適化する」という活動のことをいいます。

または、「検索エンジン対策」とも言われています。

どうしてこんなことをしなくてはいけないのか?


ご自分でウェブの検索をすることを想像してください。

探している情報を見つけるために、

「検索結果」の3ページ以降をどれだけあるでしょうか?

ほとんどないのではないですか?


ウェブ利用者のほとんどが、ほとんどは検索結果の最初の方だけ見て満足しています。

つまり、3ページ目以降を見るのが面倒かもしれませんし、

検索結果のはじめの方で思うような検索結果が出ない時には、

別のキーワードを足して、あるいはほかのキーワードに変えて

検索をしているかもしれません。


つまり、あなたのお店を探して欲しいと思うなら、

そのキーワードで検索結果の、

「せめて2ページ目には表示されないと意味がない」ことになります。


では、具体的にSEOとは、何をどうすればいいのでしょうか?

まず、ウェブの自社サイトの中身を見直すことです。

ウェブサイトはHTLMという専用の言語で書かれています。

これは単なるテキスト文章であり、

「この文章をこの大きさでここに配置」

「この写真をここに配置」

という何をどう配置するかを書いてあるだけです。

ブラウザがその情報を読み取り、見やすいように表示するわけです。


では、検索エンジンは何をしているのか、

どうやって検索順位を決めているのか。


検索エンジンは常に、世界中のウェブサイトに

どんなサイトにどんな情報があるのかを探して

検索用のサーバーにため込んでいます。


ロボットが自動でウェブサイトを巡回して、お店の情報を常に取材し、その取材データをデータベースを作っているんです。

検索サイトで、ユーザーが検索した時には取材したデータベースを照合して、

「これを上位にしよう」ということをしているわけです。


どんなウェブサイトでもいつかはこの「ロボットの取材」があります。

怖いのは記者が気をきかせてくれるわけではなく、

勝手にお店に入ってきて、適当にそのお店はどんなおみせか判断して勝手に帰ってい、

上に報告してしまうことです。


だから、「勝手に入ってきても、解るようにしておかなければならない」

ということがお分かりでしょう。

つまり、「ウェブの世界の決まりごとに従って、サイトの中身を作ること」

それが重要になります。

これを「ウェブ標準」に合わせてサイト設計するといいます。


まず、考えたいことは、

「どんなキーワードで、上位表示させたいか?」です。

ウェブの利用者が、キーワード検索してくれても

その言葉があなたのお店のウェブページに含まれていねければ

検索されません。


例えば、自転車店であれば、ウェブサイトの上の取り扱い品目に、

「自転車」とかいてあれば「自転車」という言葉の検索で表示されます。

では、「ロードレーサー」「MTB]で検索した場合は、どうでしょうか?

その言葉が、ウェブサイト上に書いていなければ、表示されません。


つまり、SEOの最初の一歩はまず、

検索利用者=あなたのお店の潜在顧客がどんな探し方をしているのか?

を見直すことから始めます。


また、重要なことは、

トップページにどのような情報を載せておくか、

タイトル欄に何を書くか、

商品写真のファイルネイをどうするのか、

など地道な作業ではありますが、

これも検索エンジン対策として重要であるというのいが定説です。


つまり、巡回ロボットが拾い安いところ、タイトルであったり、

トップページなどのウェブサイトの内容を分析するのに

重要なポイントに適切な言葉を置いておくことが、

上位表示する確率を高くする秘訣の一つと言えます。


検索サイトは各社それぞれの考え方で作られているために、

検索結果が異なることは既にお分かりです。


検索サイトはいくつもあります。

検索サイトの利用状況を見ると、日本で最も利用されている

検索師とはヤフーで、幅広い層の支持を得ています。

世界シェアーでは、グーグルで、日本では2番手、

しかし、ウェブに詳しい人は、グーグルの利用率が高いです。

3番手は、NTT系のgoo,マイクロソフトのMSNとなっています。


では、どこまで対策をしておけばいいのでしょうか?

どこまでやるかは、手間と予算しだいですが、

検索が商売の全てであると言っても過言ではないのが、

このネットビジネスです。


ヤフーとグーグルの対策をしておけばとりあえず充分と言われています。

特に、ヤフーはオークションやショッピング、電話帳、グルメ、

クーポンなどの小売業を強化にサポートするコンテンツを

抱えるポータルサイトと検索が連動している点で、

SEOの中心に据える意味はされに大きいと言えます。


SEOの手法として有効なのが、「ディレクトリ」への登録です。

「ディレクトリ」とは、「ヤフー・カテゴリ」というコンテンツに

お店や企業を登録するサービスがあります。


ヤフーは、1990年代に日本に開業した時から、ディレクトリ検索を提案しています。

例えば、ラーメン店であれば、ヤフーのトップページから、

「カテゴリ一覧」⇒「生活と文化」⇒「グルメ・ドリンク」⇒「各種食品・料理」とたどったところに、

「ラーメン」というカテゴリがあります。


ここに登録することにより、

「ラーメン」の一覧の中に自社サイトへのリンクが設けられることになります。


登録料は、5万4000円で、登録にはヤフー自身の審査があります。

登録料は初回だけです。


世の中の検索の主流は、キーワード検索であり、

いちいち分類をトドっていく検索方法をする人は少数なので、

一見無駄のように思われますが、これが検索エンジン対策ともなるのです。


検索エンジンは、そのサイトがどのサイトからどれくらいリンクが張られているかを

分析して検索結果の表示順位に利用していると言いました。

例えば、新聞社や公的機関からのリンクは、普通のサイトや個人のブログよりも

信頼性の高いリンクとみなされる訳です。


表示順位を投票に置き変えてみると、

「より多くの票を獲得したサイトが順位が高くなる」こととなります。

しかし、普通のサイト1票に対し、新聞社のサイトは、5票、10票の威力があるのです。


その中でも、1票の重みがある最高ランクで高いのが、ヤフーなのです。


ヤフー・カテゴリの中に登録するということは、

「ヤフーからのリンクが張られている=検索結果に有利になる」

ということが解ります。


ヤフーの他にもディレクトリサービスの登録をしておくことはもちろん有効ですので、

あわせて検討しておくといいのではないでしょうか。


SEOは、紹介したような

「サイトの作り方をウェブの世界の標準に合わせて設計すること」

「検索キーワードをもう一度考えてみること」

「カテゴリサービスに登録すること」

このことを行うと今まで以上に上位表示されることは間違いないことです。


検索エンジン対策には、SEOの他にもあります。


例えば、検索連動型広告です。

検索連動型広告とは、オーバーチュア社が提供している

「ヤフー・スポンサーサイト」や、

「グーグルのアドワーズ」があります。


特定のキーワードで、検索された時に検索結果ページの広告スページに

表示されるテキスト広告のことをいいます。


検索連動広告の仕組みは、基本的には、

キーワード単位のクリック単価を入札により表示順位が決められることになっています。


つまり、検索された時に、広告スペースの表示順位を、利用者の1クリックに対して、

A社が10円、B社が15円、C社が12円で入札したら、その広告スペースには、

B社⇒C社⇒A社の順で表示されることになります。


広告リストの最上位に表示されることは、

クリック率が非常に高くなり、その商品の売れ行きに、

大きな影響があるということになります。


だから、人気のあるキーワードでは、入札価格が高騰したり、

分刻みで入札価格が変わったりします。


この検索連動広告も考慮した上で、

総合的にサーチエンジン対策を考えることをSEMといいます。


つまり、SEMが検索エンジン対策の「戦略」であるのに対して、

SEOはその戦略に基づく一つの「戦術」といえます。


SEOやSEMがかなり専門性の高いものだということはお分かりになったと思います。

それらをどこまで対応するかは、あなたの予算がどれくらいかけられるのかによってきます。

SEOにせよ、SEMにせよ、それをサポートする専門事業者があり、

そのサービス競争をしています。

貴社や、貴店・貴院にもそこからすでにセールスがあるのではないでしょうか。


経営者自身が、ウェブに詳しい、

または社員に詳しい人がいるというのであれば心配いれませんが、

そこまで手が回らない、予算はかけられないのであれば、

自社で始めやすいところから始めることをおすすめします。


そういう意味でも、簡単なスタートできるSEOは実は、

「サイトを立ち上げる時に、信頼のできるパートナーと組む」

ということになります。


それでは、パートナーによってどんな違いが出てくるのでしょうか?

まず、SEOに対する知識のある事業者に相談するべきなのは言うまでもないことです。

SEOに対する意識がない低い制作会社に依頼してしまうと、

最初の制作費は安かったとしても、検索サイトでの表示が悪く、

その結果、新たなSEOの費用がかかったりすることが考えられるからです。


もはや、商売をしていく上では、

「あって当たり前」とも言える自社サイトの立ち上げについて紹介してきました、

次には、実際にどのようにウェブを活用しているかを現場の目線で考えていきましょう。


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional