自社サイトを制作して売上を倍増する方法をご案内します。

自社ドメインが何故必要か?

自社ドメインが何故必要か?


自社サイトを持つというネットビジネスの活用の第一ポイントでした、

次に考えなくてはならない事は、自社のドメインを持つということでしょう。


ドメインとはなんでしょうか?

ドメインというのは、ウェブの世界では、住所のようなものです。

つまり、その住所を見ると、プロバイダーや他の会社のURLが付いていれば

どこに「間借り」しているかも、お客様に分かってしまうことになります。


そこのところがどうお客様に見えるのかというと、

「あなたの会社やお店の格」がわかってしまうということです。


どれほど有名な会社でも、老舗でも自社ドメインをちゃんととっていなければ、

それだけで、「この店はウェブの世界では、自社ドメインを持っていないんだ」と思われてしまうわけです。


では、自社ドメインをとるにはどうしたらいいのか?

ドメインは世界に一つしかないインターネットの世界の戸籍とでもいうべきものですが、
その戸籍を国際的に管理する組織があります。

その組織に申請をして、認められて初めてドメインが自分のものになるのです。

実際には公認を受け他事業者がその業務を行うのですが、

代理店に相談するのが一般的です。

つまり、インターネット上に、自分の会社・お店を登録し、看板を認めてもらうこととなります。


この代理店では、ドメインの取得代行だけでも行うのですが、

まだ、ウェブサイトを立ち上げていないお店や会社はドメインと同時に、

サーバーを借りなくてはならないので、事項で紹介することにします。

また、ホームページ制作支援サービスとともに検討するのが望ましいとも言えます。


と言うのは、ドメインを取っただけでは、「そのお店を店先にかけてもいい」というだけで、

実際に商売や宣伝を行うためには、事務所スペースというべき、

コンテンツを入れるサーバーを調達しなければならないからです。

このドメインとサーバーを一括で、相談する事業者を案内人にするメリットは大きいでしょう。

具体的な事業者や費用については、次項で紹介します。


ドメインで「お店の格」が分かつということは逆に、

きちんとしておけば、「他の店よりも格上になれる」

ということでもあります。


ライバルのお店がまだ自社ドメインを持っていないのであれば、

そこで差が付きます。

看板商品があれば、先にその商品名で、

ドメインを取ってしまうこともできます。

ドメインは原則早い者勝ちで決まります。

オリジナルドメインを持つと、取引先や常連さんにあなたの名刺を渡した時に、

「自社ドメインをお持ちですか」「すごいですね」

など相手の反応も良いのがわかります。


また、co.jpというドメインは、原則法人にしか取得できないドメインで、

個人事業主かどうかわからないドメインよりは明らかに格上だからです。


また、名刺に記載されるURLやメールアドレスが格段にスッキリするのに気が付くことでしょう。

商売には欠かせない名刺もオリジナルドメインで、

グレードアップを図りましょう。


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional